office bluemoon

"Slave to Love"  Jimmy Scott

このヴォーカルは女性だとずっと思っていた。
男性が、こんなふうに歌っていたなんて。

映画『ナイン・ハーフ』の挿入歌でもあった
ブライアン・フェリーのカバー、もとい、オリジナル!が
青臭く、軽く見えてくるほどの、
円熟した哀切。
涙する人の傍らに
言葉なく寄り添うような
寡黙なぬくもり。

歌詞がまた、精緻な短編のようで。
薫り立つのは
刹那の
甘さ、苦さ。







彼女に伝えてくれ
くたびれきって、ぐったりして
もう、逃げようもない
いつもの場所にいるから、って

女を求めるなら
わかっていなければならない
どれだけタフな奴も弱り、
富める者もみじめになるのかを

恋のとりこに
もう、逃れようがない
恋におぼれている

僕と逃げるんだ
地に降りたらいけない

ひとところにとどまれない
何ものにもしばられない
空は燃えている
炎の海
君の世界は変わってしまうけど、
僕はこれからも変わらない

嵐が荒れ狂っている
それとも、そう見えるだけなのかもしれない
分別つくには若すぎて、
夢を見るには年をとりすぎたよね

やがて春がやってきて
君を僕に振り向かせる
君の笑い声が聞こえる
君が笑う顔が見える

恋のとりこに
もう、逃れようがない
恋におぼれている


Tell her I'll be waiting
In the usual place
With the tired and weary
Where there's no escape

To need a woman
You've got to know
How the strong get weak
And the rich get poor

Slave to love (repeat)
And I can't escape
I'm a slave to love

You're running with me
Don't touch the ground
We're the restless hearted
Not the chained and bound
The sky is burning
A sea of flame
Though your world is changing
I will be the same

Slave to love (repeat)
And I can't escape
I'm a slave to love

The storm is breaking
Or so it seems
We're too young to reason
Too grown up to dream
And the spring is turning
Your face to mine
I can hear your laughter
I can see your smile

Slave to love (repeat)
And I can't escape
I'm a slave to love



















ご興味がおありの向きへ。
ブライアン・フェリーは個人的には好きなんだけれど、
この曲はJimmy Scott爺にどうしても軍配があがる
(なんて軽くみえてしまうんだろう)。


[PR]
by office_bluemoon | 2011-11-23 15:21 | その時口ずさんだ(勝手に訳詞)