office bluemoon

カテゴリ:Mario Biondi !!( 9 )

Natale! (Canzone di Natale)

英語ではないクリスマス・ソング(Canzone di Natale)も。






こちらはヒット曲を、クリスマス用の歌詞に(英語)。





Buon natale a tutti!
(Merry Christmas to you all!)
[PR]
by office_bluemoon | 2012-12-15 22:16 | Mario Biondi !!

Mario Biondi in Tokio 2012 まとめ。 (Sommario di Mario Biondi in Tokio 2012)

f0205860_2326505.jpg


(許可があったanjinで撮影。)





4日、通い詰めた。
その間に、仕事や日常がちゃんとあり、
こなしているはずなのだけれど、
あんまり覚えていない。
すべてがつながった、長い、ゴージャスな一夜を
キラキラと疾走しきった感じ。

記憶が薄れないうちに、ここにメモ。

Stage 1
10月18日(木)大雨 
代官山蔦屋 Anjin Barにて


どしゃぶり。
微熱がどうもさがらぬ中電車に乗る時間をはかりかねていたら、
友人が車で都内まで連れていってくれた。感謝。
早く到着しすぎて、グラス片手に仕事をしていた。
ふと顔を上げたら、いつのまにか、どこからともなくマリオ一行が現れて
リハーサルになった。

ピアノとヴォーカルだけ。
音あわせもなく、いきなり曲が始まった。
リハーサルと思えないほど、丁寧に、祈るように歌い上げた。
これは幻?と何度も思った。

書店の中にある、バー・ラウンジ。
ライブ目当てで来ているわけではない客の低いさざめきと、
グラスがぶつかる音が溶け合う。
氷雨に縮こまった身体が温まっていく
まろやかで、贅沢な時間。

演奏後、お話をすることができた。



Stage 2 
10月20日(土)快晴 
Blue Note 2nd. stage


土曜日の夜のブルーノートには、独特の華やぎがある。
店の前にタクシーを止め、降りてくる人々の顔に
スポットライトがあたり、美しい。
大使館関係者?が多いように見受けられた。

今度は、ハイ・ファイブのメンバーたちを従えた
ジャズバンド構成。ホーンセクションが充実した音。
これは、ファンク系というのか、ビーバップ系というのか。

客の合いの手がイタリア語で、
客席、ステージ、双方大いに盛り上がる。

ウイスキーかスコッチ?のショットグラス片手に
歌ってこれほどサマになる人は、
ほかにサミー・デーヴィス・Jrくらいしか知らない。
美学ただようダンディなたたずまい。
21世紀の奇跡、と思えるバリトン・ヴォイス。

アル・ジャロウ、オーティス・レディング、
チャカ・カーンの物真似に、うなる。
それと、踊るときの腰のキレがセクシーすぎた。

ヨーロッパ・ジャズシーンの中でも精鋭揃いの
バンドの面々も、それぞれ表情豊かで魅了された。
特に、ピアノのクラウディオ・フィリッピーノと、
サックスのダニエル・スカナピエコから目が離せなくなった。
最後は、スタンディング・オベーション。Bravo、が飛び交う。



Stage 3
10月22日(月)快晴。
Blue Note 2nd. stage


この日が最も演出も緻密で、盛り上がった。
ヒットカバー曲と、インストルメンタル曲のバランスも
一番よかった。
ありえないかぶりつきの席に。天の采配。
おろおろとして、裸眼で見るのがどうも刺激が強すぎ、
何度もメガネをかけてみたり、レンズが曇ってはずしたり。

座席の関係か、はたまた華麗なるカンチガイか、
Close to Youのサビで、何度か目があって、気絶しそうに。
もじどおり、Close to Youな位置関係だったのである。

帰途、グリーン車で赤ワインをあけずにはいられず。
陶然としたまま、帰宅。



Stage 4
10月23日(火)どしゃぶりの雨、ときどき晴れ、のち小雨。

Blue Note 1st. stage

風邪がとうとうこじれて悪寒と熱。喉も痛い。
マリオのまねをして、ウイスキーのショットで喉を湿らす。

このセットだけ、唯一、ヒットカバー曲をやらなかった。
インストルメンタル演奏が、長め。ちょっと疲れたのか?
あるいは、ラストとなるセカンド・ステージに向けて
パフォーマンスをセーブしたのか?という
印象が少し残る。前夜が盛り上がりすぎたのか?

それでも、歌うとやはり、うまい。
今回はドラムのロレンツ・トゥッチが
ソロを熱演。すっかり、ハイ・ファイブの虜になった。

会場で偶然、思いがけない友人に出会い、テーブルでおしゃべり。
大好きな人たちに囲まれて、大好きなステージを共有できる、幸福。
どの回でも思ったことだけれど、独りでいくライブももちろん良いのだけれど、
喜びを友とシェアできると、
楽しさのバイブレーション、のようなものが増幅する。




東京で会いたい!という三年越しの夢がかなってしまったら、
ふぬけになってしまうかと思ったけれど、そうはならなかった。
もっと、聴きたい。また、会いたい。もっと知りたい。
月夜のテアトロで、風に吹かれてこのステージを見たい。
行くしかない。
そのためのたくらみ、目標、たくさん思いついた。

魂揺さぶる音楽はいつだって、これからだって、
私が歩くすこし先の道を照らしていてくれる。


f0205860_23343347.jpg



I Know it's Over
(but not for me!)


[PR]
by office_bluemoon | 2012-10-26 00:11 | Mario Biondi !!

"This is What You are" Mario Biondi

うれしいうれしいうれしい。
もうすぐ、とうとう、あえる!

ヨーロピアン・ジャズとか、スキーマ・レーベルに興味を持った
きっかけになった一曲。

フィルムノワールの「道ならぬ」感があって、
PVからしてかっこいい。






ほかにも、こんなにいい曲が。

Lowdown
What a Fool Believes
Close to You
My Girl
[PR]
by office_bluemoon | 2012-10-12 21:51 | Mario Biondi !!

"My Girl"  Mario Biondi

小粋な夏、のロールモデル、
今年はこんな映像の中から。

Una storia d'estate.
Non mi sento triste.
ある夏のものがたり。
哀しみなんて、知らない。








[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-29 14:30 | Mario Biondi !!

Benvenuto Mario!!! (ようこそ、マリオ!)

f0205860_1204513.jpg



Mario Biondi イタリア公式ファンサイトより。

(* マッチ棒並べたみたいな超はしょり訳でごめんなさい。間違っていたら、おしえてください。。。)


1月28日に40歳の誕生日を迎えたマリオ・ビオンディ。
ニューアルバムを携えてのワールドツアーで今年、日本へ。
4年ぶりの来日となる。

亡くなった父親も歌手だった。
12歳のころから教会の聖歌隊で歌に親しむ。
10歳で出会ったアル・ジャロウに強くインスパイアされ、
音楽の方向性が決定づけられる。ほかには、アイザック・ヘイズ、
バリー・ホワイトにも深い影響を受けた。

歌手としてスターダムに駆け上がったのは35歳になってから
(『あのアルも大学を出て(訳注:心理カウンセラーのキャリアを経て)
歌手デビューしたのは、36歳の時だったんだ』)。

私生活では、2歳から14歳まで6人の子供のパパ。
マルツィオ、ゾーエ、マルシア、キアラ、レイ(レイ・チャールズにちなむ)、
そして末っ子のルイ・マリオ(ルイ・アームストロングにちなむ)。
子供たちにはまず、「自分がされたら嫌なことは、
他人にはしてはならない」、と教えている。

2009年に発売したアルバム”If”は、
i-tune版でプラチナディスクに選ばれた。


2004年の全欧ヒット。High Five Quintetとのコラボ。
新人とは思えない出色のクールジャズサウンド、
"This is What You Are"。








最新アルバムからのシングルカット。"Yes You"。










そして今回の来日公演。

Incognito with Special Guest MARIO BIONDI

3/30 (水)-4/2(土) Blue Note 東京
4/8(金)Motion Blue 横浜




Benvenuto Mario !
日本にようこそ、マリオ!
 (どうしよう!!!)

[PR]
by office_bluemoon | 2011-02-13 01:31 | Mario Biondi !!

"Low Down" (Incognito featuring Mario Biondi and Chaka Khan)

ぜひ、出てほしいのが、
Mario Biondiカバー曲アルバム。
この夢の組み合わせ、もしかして吉兆?
もしかして、もしかして?



Ciao a tutti!

Sono una giapponese, una grande ammiratrice di Mario.
Questo collaborazione
è semplicemente magnifico, come un sogno!
Mi piace cover tunes di Mario molto.

Mario, per favore venga a Tokio!!!


Tanti baci,

office_bluemoon






[PR]
by office_bluemoon | 2010-10-06 09:50 | Mario Biondi !!

What a Wonderful World (Mario Biondi !)

自分の声、そして曲の魅力を知り尽くしていればこそ、の
カバー曲チョイス。
子供とのかけあい、ロックなアレンジが秀逸。
これならきっと、サッチモもにっこり。




Mario Biondi、夏の全伊ツアーが始まったらしい。

東京にも来てほしいけれど、
夏の屋外コロッセオ、海一望のギリシャ劇場で
風に吹かれながらこの声を聞きたい。
飛んで行ってしまいたい。



Per i amici in Italia:

Vorrei andare Italia per Spazio Tempo Tour Estate 2010!
Come splendido e Mario in aria aperta ! (Teatro Antico!)

Asppettiamo il concerto di Mario a Tokyo !
[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-30 12:21 | Mario Biondi !!

I Love You More Live  (Mario Biondi with Duke Orchestra)

f0205860_22551040.jpg







安静にひきこもり、の週末に服していたところに、
CDがアメリカから届く!

日本では廃盤になっていた
Mario BiondiのライブCD。
半年探し続けた。

CD2枚組セット。
のつもりが、DVDがプラスされている
UK版が届く。全19曲も。
(CDの全18曲プラス1曲)
なんたる、ラッキー。



f0205860_2325118.jpg









この曲に関しては、ひいきのひきたおしで
オリジナルを超えることはあってはならないはずなんだけれど、
39歳のシシリア男、Billyを超えてしまっているかも。
(イントロの独白が1分少しあります)




















先週くらいから、すてきな人にいっぱい出会えている。
ひと、って、表現、って、才能、ってすばらしい。
知恵熱がでそう。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-04-18 23:12 | Mario Biondi !!

What a Fool Believes (Mario Biondi!!!)






今、もっともカケオチしたい相手。
この渋さで、なんとまだギリギリ30代のシチリア男。

ヨーロッパのAOR系ステーションではよくかかるのだけれど、
日本ではまだあまり知られていない。






オリジナル曲もあるが、
"Just The Way You Are", "Close to You"など
カバー曲が特に秀逸。
ちょっと、Barry Whiteの再来を思わせるけれど。


[PR]
by office_bluemoon | 2010-03-13 11:50 | Mario Biondi !!