office bluemoon

カテゴリ:はらぺこの記憶(食べ物)( 1 )

サマセット・モームのアスパラガス

f0205860_18592454.jpg





幼いころに読んだサマセット・モームの『ランチ(原題 Luncheon)』という短編に、
アスパラガスが登場する。
懐を気にする貧乏作家の目の前で、キャビアだの、サーモンだのを注文するレディが
とどめに頼んだのは、高価で、立派なアスパラガス。
私が読んだバージョンではこれを、ホワイトアスパラガス、と書いていたと記憶する。
ホワイトアスパラ、といわれても、私が子供の頃はまだ緑色のラベルの缶詰しか出回っていないし、
それしか食べたことがない。


白ワインをお供にアスパラをフォークとナイフで切り分けるレディ。
自分が奢らされる金額を想像した貧乏作家が、気絶しそうになるくだりがあった。

でも、そのホワイトアスパラ、憎たらしいほど美味しそうだった。


この刷り込みがあって、かねてからぜひやってみたかった。
ちょっとスノッブな白ワインとホワイトアスパラ尽くし。

というわけで、友人の企画したホワイトアスパラとオーストリアワインの
試飲会のお誘いに二つ返事で飛びついた。


この日のために180本仕込んだ、というシェフ渾身の
ホワイトアスパラガス料理。これを着席でいただきながら、
泡・白・赤の計10種類を試飲。

たまたま同席となった方がまたお優しく、不調法な者にもわかるように手ほどきをしてくださったので、
新たに口に含むたびに広がる味わいを、それぞれの言葉で語るのも底抜けに愉しく。

専門用語オタクとしては、渡されたワインメモにある「ほのかにタバコの香り」とか、
「バランスの良さと余韻の長さ」とか、
「洗練とボディを兼ね備えた」などというワインならではの語彙にしびれる。
読んでいるだけで眩暈がしてくるほど胸躍る。


同じ白アスパラが、いわゆるワインとのマリアージュによって飛び跳ねたり、
まったりと寝そべったり、はんなりとしたり。
名舞台俳優さながら、のドラマチックな変化を堪能。

ところで冒頭のモームの短編にはそのランチから20年後、のオチがある。
そんなレディの二の舞になってなるものか、と心に誓いつつも、
子どもの頃の憧れをこんな酔狂な集まりで、
丁寧に、美味しく、楽しく満たすことができて心から嬉しかった。






































***
[PR]
by office_bluemoon | 2016-05-30 19:07 | はらぺこの記憶(食べ物)