office bluemoon

<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ルネ・マグリット的三景


f0205860_545469.jpg


















f0205860_5455127.jpg




















f0205860_5464277.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2009-09-30 05:46 | 刹那を留める(タイトルのみ)

fly me to the...


f0205860_72532.jpg





















f0205860_5542429.jpg



















手が届きそうでいて、届かなくて
はや幾星霜。
[PR]
by office_bluemoon | 2009-09-29 05:56 | ぜんぶ月のしわざ

竜舌蘭(リュウゼツラン)


f0205860_574860.jpg





















f0205860_58499.jpg





















f0205860_592461.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2009-09-28 05:11 | 刹那を留める(タイトルのみ)

night cruise


国道を海沿いに西へ。
レモン色の半月と併走。





f0205860_7494737.jpg







(月が2つに見える1Q84的風景!)










隘路を抜け、高台にのぼる。





f0205860_7503712.jpg














ゆるぎなく。
ほむらを受け、なお冴え冴えと。
塵芥を超え、気高く透徹と。

連綿と繰り返される
律動と呼吸をそっと重ね
乾いた風を頬に受ける。

我が心、秋月のごとく潔くあらば。
[PR]
by office_bluemoon | 2009-09-27 07:54 | ぜんぶ月のしわざ

ユビキタス


f0205860_8115753.jpg
















f0205860_8193615.jpg


















f0205860_813155.jpg


















ユビキタス(ubiquitous): あまねく存在する



端末をじっと見つめる光景はもう十分。

本にすぐ手を伸ばせる環境が
もっと普通に街中にあったらいいのに。
[PR]
by office_bluemoon | 2009-09-26 08:21 | 活字に遊ばれ(活字のある風景)

一心に


f0205860_549298.jpg
















f0205860_559558.jpg
















f0205860_5474364.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2009-09-25 05:50 | 刹那を留める(タイトルのみ)

SHOHI  - 書皮 -


書皮、とはいわゆるブックカバー、あるいは本の表紙のこと。
これから読む本にカバーをかけるのは、
特定の文化圏にしかない習慣だという。
なるほど、確かに洋書にカバーをかけて読んでいる風景は
目にあまりなじまない。

用途は主にふたつ。
汚れ、日焼けから書籍を守ること。
あるいは、読んでいる書名を隠すこと。

この書皮を主軸に友人たちが
展示会を開いている、ときく。





「book&bag 古本と書皮と鞄の3days shop」







f0205860_6183595.jpg








会場は、自宅工房を毎月開放して
展示会を行っている鞄作家、こうだかずひろさん宅。





f0205860_6185548.jpg






f0205860_6195547.jpg






こうださんがこだわって取り組んでいるのは、
素材の色から糸まで細かい要望を聞きながら
テーラーメードでひとつひとつ仕立ててくれる
今や納品まで「半年ちょい待ち」の帆布の鞄。

(今回、ここでさっくりと紹介してしまうのは
もったいなさすぎるほどの逸品。
それはそれは素敵な
ko'da-styleブランド鞄の写真掲載は
敬意をこめてまた別の機会に。)










f0205860_6224693.jpg






展示コーナーの細部のあしらいからして、
今回はブッキッシュ。涼しい顔して閲覧しながら、
こっそり小躍り。





f0205860_6235331.jpg












若きクリエイターたちによる、
思い思いの「書皮」。

「守る」「隠す」という、本来の機能から
はばたいた、古いようでいて、
新しいアイデアの数々。

楽しい思いつきにあれこれ触発され、
脳がチリチリ、と。





f0205860_6253831.jpg







f0205860_626864.jpg







f0205860_6265248.jpg


(メッセージに注目!)





f0205860_6273696.jpg







f0205860_6281429.jpg











アトリエのインテリアの一部のように展示、
販売されていた古書。





f0205860_6293531.jpg







f0205860_6295861.jpg







f0205860_6301514.jpg










お茶を片手に友人たちとしばし本談義。

書皮数枚、古書をたんまり抱え、
やや上気気味のまま
残照さす海沿いの道を友人と歩く。









f0205860_6311723.jpg






本日の戦利品。大人買い!とひやかされる。
(こんなに買って、上代2000円余也!)
磯遊びで貝や石を拾い集めた子供のように、
買った本を机に積み上げて、ほくほくする。





葉山にて。昨日が最終日。


「book&bag 古本と書皮と鞄の3days shop」
(9/19(土)~9/23(水) 12:00~日没まで)
[PR]
by office_bluemoon | 2009-09-24 06:41 | 活字に遊ばれ(活字のある風景)

仕舞う


f0205860_358350.jpg




















繚乱の舞の扇をたたむごと いまわの蝶からただ目が離せず
[PR]
by office_bluemoon | 2009-09-23 03:58 | 歌詠み

ゆらぐ


f0205860_044822.jpg

















f0205860_053018.jpg
















f0205860_055480.jpg














f0205860_06248.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2009-09-22 00:07 | 刹那を留める(タイトルのみ)

speak low


f0205860_23563893.jpg
















f0205860_23592161.jpg















f0205860_23572175.jpg




















声高に自己主張するばかりでなく。

仄暗い中で、
音に身を浸し何も語らない。
あるいは、
声ひそめてるのが楽しい、
魔法の刻ってある。
(「でも、わけまえはゆずらない。」なんてほど
たいしたお話じゃなくても)




夜の銀行、大理石のカウンター、というのがまた、
わるだくみっぽくて実に好ましい。

昭和初期の旧横浜銀行出張所を改造したbar
鎌倉六地蔵 "The Bank Bar"
[PR]
by office_bluemoon | 2009-09-21 00:01 | その時口ずさんだ(勝手に訳詞)