office bluemoon

<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

無音


f0205860_8205312.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2009-10-31 08:22 | 刹那を留める(タイトルのみ)

並木道





f0205860_7355174.jpg












f0205860_7382544.jpg






















からからと落葉舞う音からみつき 頁繰るほど涙もろくなり
[PR]
by office_bluemoon | 2009-10-30 06:01 | 歌詠み

身を切る蒼穹


f0205860_6222064.jpg











f0205860_6224861.jpg


















空と海の蒼が深まり。

とこしえと無常がせめぎあう
透き通った厳かな時間。
[PR]
by office_bluemoon | 2009-10-29 06:30 | ぜんぶ月のしわざ

漂い、流され


f0205860_12232868.jpg













f0205860_1224283.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2009-10-28 12:24 | 刹那を留める(タイトルのみ)

ここは風のまち


f0205860_5522813.jpg












f0205860_5524413.jpg












f0205860_5525966.jpg











f0205860_5545429.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2009-10-27 05:55 | 刹那を留める(タイトルのみ)

メトロポリス浮遊・2


f0205860_6505238.jpg











f0205860_651134.jpg










f0205860_6523874.jpg











f0205860_653242.jpg












f0205860_6535621.jpg










f0205860_654178.jpg


















超然と虚空を進む飛行船 航路は未来あとを振り返らず
[PR]
by office_bluemoon | 2009-10-26 06:55 | 歌詠み

メトロポリス浮遊・1


f0205860_9213596.jpg












f0205860_922632.jpg











f0205860_9223511.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2009-10-25 09:23 | 刹那を留める(タイトルのみ)

三昧


何かのついで、に立ち寄るのではなく。
書店探訪の放蕩を尽くしてみたい、と
この日は昼過ぎから歩きに歩いて、6軒。



ブックオフ白金高輪店(白金台)
Limart(恵比寿)
Hacnet(代官山)
Totodo 東塔堂(渋谷)
ロゴス(渋谷)
ABC六本木店(六本木)



「古書店では書架に立つ背中が勝負なのよ」と
豪快に笑ってのける友人に
ありがたい手ほどきを受けながら
書物の森に分け入っていく放埓な快楽。

入り口で書架を一瞥し、
背表紙を眺め、そこにある空気と薫りに
体がなじむのをぼんやり待ち、
あるじと短い会話を交わしたり。

合理化された
効率経営の書店にはない、
質感・こだわりの違い。
貴重な版の風合いの差や
値ごろ感、にとにかく数多く触れる。
背表紙を眺め、書籍の重量感を味わい、
頁を繰って肌で覚えていく。

皮表紙に触れたらほろほろと剥がれ落ちて
しまいそうで、書物としての機能すら
もはや果たしていない中世の書籍にも出会う。
綴られ、綴じられているのは、叡智か、栄華の日々か。
放たれる威光に、ただただひれ伏す。





f0205860_1623668.jpg






アート、映像系の学生さんの多そうな一角に
ひっそりあったのは、5軒目のTotodo。
学生生活の多大な部分は、書店で醸成されるのかも
しれない、とちらりと考える。






f0205860_1664852.jpg








友人とは終日、
書籍やみずからの
「あらまほしき」姿を、
切実な夢を語り合う。

足元や下を向き、溜息をつくことが、多かった。
卑小さに目を向ける、という点は同じでも、
世界がまだまだ知らないことに満ちている、のを
こてんぱに思い知るほうが、
不思議に心躍るのはなぜだろう。

明日のまた一歩、に向き合える
高揚感がどこまでも
弾み続けて。
友と見上げた
三日月を撮る手も定かならぬほど。






f0205860_1641858.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2009-10-24 16:12 | 活字に遊ばれ(活字のある風景)

きっかけは、たぶんここ


初秋、というにはまだ少し夏の名残が勝っていた
10月の初頭。
潮風にそよぐ松林の中、ゆかしくたたずむ邸宅。
その一部を改装したカフェの奥に、
この一角を見つけた。




f0205860_651439.jpg





f0205860_6512912.jpg






建築家、というこの家の
あるじの愛蔵書。
「繰る本」のコレクション。
きっとそれもほんの一部。

本の内容はもちろんのこと。
こんな本を選び、滋養にしてきた人への
興味もとめどなく。
ここだったら、陽だまりに座って
何時間でも過ごしていられそう。





f0205860_6515545.jpg






よりすぐりの本を集めたい、という
気持ちがくっきりと輪郭を持ったのは
思い起こすと、ここから。




以来、憑かれたようにブック・カフェ、古本市、
古書店めぐりに終始した10月。
もっと知りたい、佳きものを見つけたい、
空気に触れたい、と
この2週間少しで足を運んだ
本関連スポットの数、約20箇所。

「この衝動は恋ですか?やまいですか?」と
古書の世界への手引きをしてくれた友人に尋ねた。
「それは、たぶんビョーキ。よいビョーキ!」と
友人は笑う。






f0205860_6543756.jpg






ところで、一番の聖地であるこの場所には、
「罹患」後はこわすぎてまだ足を踏み入れていない。
もう少し目が肥えてから、1日たっぷりかけて、と
楽しみにとってある。





f0205860_655569.jpg











何に結実させる、なんて分別のある判断は
このさい、あとまわし。
子供のようにシンプルで、強い衝動を抑えるのは
今回はやめてみよう。
心のまま、気の済むまで走ってみて、
目の前に現れたランドスケープを抱きしめよう。
[PR]
by office_bluemoon | 2009-10-23 07:00 | 活字に遊ばれ(活字のある風景)

はなれたり、くっついたり


f0205860_102566.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2009-10-22 09:56 | 刹那を留める(タイトルのみ)