office bluemoon

<   2010年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

宵待月に


f0205860_025780.jpg










星や月が奏でるのは
過ぎし日の夢
("the music of years gone by")。

久遠(くおん)の未来に届いてほしい、
私がくちずさむ歌。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-02-28 00:32 | ぜんぶ月のしわざ

ここは、ウェイティング・バー



f0205860_0371425.jpg


(sneak shot by ★-jiくん)






最後のしずくを飲み干したら
赤いカーペットと
紫の緞帳(どんちょう)の待つバルコニー・シートに。

オーケストラボックスの音も、ざわめきも止む。
凪いだ水面(みなも)と競うほどの静寂。

そして、マントをひるがえして夜会のはじまり。





f0205860_0392342.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2010-02-27 00:26 | bar talk (boooze!)

アンチ・スターダスト 1


f0205860_874938.jpg
















空にもっと、手を伸ばして。

星くずに願いを、なんていつまでも言っていたら、
「あの『地球くず』に住んでいる、弱虫さー」、って
月に笑われちゃうよ。 
[PR]
by office_bluemoon | 2010-02-26 08:09 | ぜんぶ月のしわざ

a receipe


f0205860_7385360.jpg





冷やしたグラス
ロゼワイン
泡だってばかりのこころ
ビタースイーツな想い数滴

そして、熟れ熟れの夕陽をひとしぼり。

スカラ(階段)座on the beachで。
仲間3人で。








f0205860_7421458.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2010-02-25 07:44 | bar talk (boooze!)

囚われているのか、自由なのか




f0205860_6185753.jpg













f0205860_6191470.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2010-02-24 06:19 | 刹那を留める(タイトルのみ)

充満


f0205860_613076.jpg














小径におさまりきらぬほどの、
光、光、光。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-02-24 06:02 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)


f0205860_844441.jpg










カーテンコールにこたえるかのような、
ときどき、の寒の戻り。

それでも、
やがてあたりを凌駕(りょうが)する
いのちの息吹。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-02-23 08:48 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

充実と充足


f0205860_10153336.jpg














時間でも、空間でも。
好きなもので満たされている状態を
「充実」と呼ぶのだと思う。

それと同時に、
時間であれ、空間であれ
すっきり何もない余白の美しさも
慈しんで
「充足」して暮らしたい。

そのためには、いらないもの、
今やらなくてもよいこと、
自分がやらなくてもよいことを
(つまり、自分でなくてはならないことを)
クリアに自覚すること。

多くを肩に背負おうとしたり、
氾濫する情報に身を浸してしまわない。
ほんの僅かな大切なものを選び取ったら、
あとは感覚を研ぎ澄ませて
つつましやかに身軽でいること。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-02-22 10:16 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

"ABOVE" - 併せ呑む技法


f0205860_1137512.jpg





一見、モードなこの雑誌。
実はとても明確なメッセージを担う
いわゆる「エコ」雑誌。






f0205860_11384452.jpg



目次。
日本でも著名なところでは、
表紙のエヴァ・メンデス、メディア王のテッド・ターナー、
「ボディ・ショップ」創業者故アニタ・ローディックの娘、
サム・ローディックの名前が踊る。





f0205860_1140923.jpg


ちょっと作風がジョージア・オキーフっぽいけれど。
フォトグラファー、ピーター・ビアードが描く
エヴァ・メンデスとアフリカ。




f0205860_11441164.jpg


ランコムのモデルで女優、ユニセフ大使。
8歳からゴルフをたしなんでいた、というイネス・サストレが語る
環境に優しいこだわりのゴルフ場。





f0205860_1145255.jpg


フィアット王国に君臨した
ジョバンニ・アニエッリの孫、
"eco-conscious dandy"(エコ意識の高いダンディ)ラポ・エルカンは
"ethic business"(倫理ビジネス)を説く。







f0205860_1146187.jpg


グローバル規模の食の危機について。





f0205860_11471018.jpg


人間が海に廃棄したプラスチック片を詰まらせて死んだ鳥。






f0205860_1152362.jpg




ジャガー・ルクルト、ハロッズ、クリストフル、ルイ・ヴィトンなど
そうそうたるブランドに混じって、
あのグリーン・ピースも広告を掲載。


身近に溢れているエコ関連雑誌は二極化していると思う。
質素でシンプル、ヘンプといった自然素材が肌になじむ生活を標榜する一派。
そして、お気楽な消費生活に首まで漬かりながらも、
トレンドだし地球に優しいことを考えてみるかぁ、的な一派。

前者については、あるべき姿が優等生的で
「贅沢は敵」てあるようで、
理想的な暮らしぶりであっても私には窮屈に感じる。
後者については、コース2万円近いフレンチ・レストランの特集と同じ号で
ロハスな生活、ダイエットやデトックスの効能を取り上げている欺瞞、
矛盾に長らく辟易していて読む気もさっぱり起こらない。

シンプルで地球と人間に優しい暮らしと、
活発な経済活動の向こう側に透けて見えるラグジュアリーな生活。
二極化した両者をわりあいと上手に融合できている例は
かろうじて一、二誌くらいしか私には挙げられない。

物欲・知識欲・表現欲など人間の我執(エゴ)と、
環境、エコへの高い意識。
どちらが清くて、どちらが濁っているかの議論では、
もはやない。
片方への固執は、仙人的、求道者のような生き方を
要求されるし、そもそも現実的ではない。
そもそも、現代社会では両方を併せ持っていないと
うまく生きていけない。

それを十分承知して
エゴとエコの両方を併せ呑んだ、誌面の見せ方のアート。

企業の免罪符だ、あざとい、いう向きもあるかもしれない。
"ABOVE"の編集長は最も早急に取り組まなければいけないテーマに
「地球の人口過剰」を掲げている。
この遠大なテーマには、二酸化炭素排出、環境や食料の汚染、
途上国産業の支援といった問題がほとんど抱合される。
正直、書かれている記事に
目新しい話題や突出したものは見当たらない。
それでも、ここまで突き抜けた見せ方ができる美学は
あっぱれだと思った。

がんばれ、日本の雑誌メディア。




"ABOVE" 2009年創刊
[PR]
by office_bluemoon | 2010-02-21 12:03 | こんなもの、読んだ(本・雑誌)

悠久


f0205860_7205884.jpg


















気が遠くなるほどの悠久のいとなみ。
変わらないでほしいものの尊さ。



ちっぽけな私の想いなんて、
成就したって、しなくたって、
100年覚えててもらえてたら、上等だと思う。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-02-19 07:28 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)