office bluemoon

<   2010年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

うすくらがり


f0205860_930117.jpg







こんな物陰で
思わず何をしたくなるか、に
すごく性格がでるとおもう。

たとえば:

A) 言いよる。口説く。せまる。
B) ひざまずく。そしてローマ法王に、罪の懺悔。あらいざらい。
C) 新聞を読むふりをして、怪盗ルパンの尾行。

わたしは。。。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-31 09:42 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

What a Wonderful World (Mario Biondi !)

自分の声、そして曲の魅力を知り尽くしていればこそ、の
カバー曲チョイス。
子供とのかけあい、ロックなアレンジが秀逸。
これならきっと、サッチモもにっこり。




Mario Biondi、夏の全伊ツアーが始まったらしい。

東京にも来てほしいけれど、
夏の屋外コロッセオ、海一望のギリシャ劇場で
風に吹かれながらこの声を聞きたい。
飛んで行ってしまいたい。



Per i amici in Italia:

Vorrei andare Italia per Spazio Tempo Tour Estate 2010!
Come splendido e Mario in aria aperta ! (Teatro Antico!)

Asppettiamo il concerto di Mario a Tokyo !
[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-30 12:21 | Mario Biondi !!

混線


f0205860_1151172.jpg









世界をはなはだ複雑怪奇にしまっているのは、
ひとえにニンゲンのしわざ。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-29 11:59 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

I Thought My Father Was God (Paul Auster) -2


f0205860_1551260.jpg



We all feel that we are part of the world and yet exiled from it.

我々はみな、自分を世界の一部と感じつつ、
世界から追放されていると感じてもいる。




Quoted from Introduction of
I Thought My Father Was God
edited and introduced by Paul Auster


ポール・オースター編 「ナショナル・ストーリー・プロジェクト I」
オースターによるまえがきより引用
(柴田 元幸 訳)











考えうる中でもっとも密接な読書体験は
作家と翻訳家の間に横たわっている。
指でなぞるよりも濃密で、
息遣いまでひとつになるような読書。

見事としかいいようのない翻訳には、
嫉妬すら覚える。

そんな葛藤をねじ伏せ、
世界中の音を消し、
巡礼にも似た矜持で
聖なる活字の森に今日も分け入る。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-28 01:50 | 泡沫を掬う(忘れたくない言葉)

I Thought My Father Was God (Paul Auster)


f0205860_8371678.jpg



We have never been perfect, but we are real.

私たちは完璧であったことはないが、私たちは現実なのだ。


(snip)

If you aren't certain about things, if your mind is still open enough to
question what you are seeing, you tend to look at the world
with great care, and out of that watchfulness comes the possibility of
seeing something that no one else has been before. You have to be
willing to admit that you don't have all the answers.
If you think you do, you will have anything important to say.


(中略)

物事について考えを固めてしまわず、見えているものを疑うよう心を開いておけば、
世界を眺める目も丁寧になる。そうした注意深さから、いままで誰も見たことのないものが
見えてくる可能性も出てくる。自分が何もかも答えを持っているわけではないと
認めることが肝要なのだ。すべて答えを持っていると思っている人には、
大切なことは何ひとつ言えないだろう。









Quoted from Introduction of
I Thought My Father Was God
edited and introduced by Paul Auster

ポール・オースター編 「ナショナル・ストーリー・プロジェクト I」
オースターによるまえがきより引用
(柴田 元幸 訳)






ラジオ番組のために全米から募った
名もなきひとびとの人生のひとこま。
そんなあまたのかけらをちりばめた、
しみじみ優しく、ほのかにせつなく、じわりとあたたかな
179編の実話集。

何度読み返しても、ありふれたりすることなく、
かつ、懐かしい。
























































ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉 (新潮文庫)

新潮社

スコア:



ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈2〉 (新潮文庫)

新潮社

スコア:


[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-27 08:55 | 泡沫を掬う(忘れたくない言葉)

現場検証


f0205860_5415094.jpg





宇宙船でここに上陸して、
漕いでずらかったらしい。
初夏のハート泥棒。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-26 05:43 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

巻貝


f0205860_112428.jpg





f0205860_1125352.jpg






f0205860_11343.jpg






f0205860_113192.jpg






f0205860_1132862.jpg





f0205860_1133849.jpg





f0205860_1134854.jpg






f0205860_1135917.jpg





きかせて。

流転し、翻弄されてもなお、
護ろうとしたものは、なに?
[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-25 11:06 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

断片


f0205860_82655100.jpg






f0205860_827983.jpg






f0205860_8322522.jpg






f0205860_8323582.jpg






f0205860_8324888.jpg






f0205860_833252.jpg





The whole is more than the sum of its parts.
- Aristotle

全体は、部分の総和以上の何かである
 (アリストテレス)









目をこらす。

観覧車に自分の分身が乗っていたら、
そこがパラレルワールドの入り口。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-24 08:34 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

deja vu

f0205860_0404564.jpg





人の心に深くきざまれるのは
満たされきった幸福の記憶よりも、
もう戻らない何かを悼む
さめざめとした喪失感。

終わりのない、影踏み。
なくしてしまった、かけら。














































































































ヨーヨー・マ プレイズ・モリコーネ

ヨーヨー・マ / SMJ(SME)(M)

スコア:


[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-23 01:16 | 私的juke box(tunes)


f0205860_045284.jpg






どうやったら人生から愛されるのか。
最善の方法は、いまだにわからない。

だけど、どうやって、どれくらい愛するのかは
自分で決めていいのだ。

だから新しい道が示されるたびに、
しょうこりもなくこう信じこむ。

この道もきっと、
あの豊饒の海に通ずる。
ならば決して
悪いようにはならない、と。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-05-22 00:49 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)