office bluemoon

<   2010年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

"To Kill a Mockingbird" 映画観賞

第4回Book club議事録:



テーマ:"To Kill a Mockingbird"  Harper Lee
(1961年ピューリッツァ賞受賞)映画化作品を観賞。

プラス、バカンスの報告食事会。


出席者:
常任メンバー3名(オーストラリア人S ・アメリカ人 C・ office_bluemoon)
ほか5名(日本人・メキシコ人・オーストラリア人・カナダ人)

場所:
S宅

目的:
- office_bluemoonは、原作を読むのに非常に苦労した。語学力のほかに、
理解しにくかった原因は、時代背景の知識の欠如。本書推薦者C曰く、ならば、
公民権運動以前のアメリカ、1950年代を舞台にした本作品を、ぜひ観賞してもらいたい。

メモ:
- 8人での会食後、3人だけ別コーナーに移り、グラスが割れたりだの、
嬌声があがったりだののカオスをよそに真面目に映画に没頭。

- アメリカ人Cが随時、注目すべき台詞、場面設定(南部独特の家の構造、
ひとびとの暮らしぶり、服装、階級)について解説。銃社会、陪審制度など、
日本にない社会のしくみについて都度不明点をCに尋ねたり、
同時にオーストラリアではどうなのか、をSにも尋ねる。立体的、
かつ多面的な理解が深まる。

- グレゴリー・ペック(照れてしまうほどかっこいい!)が本領発揮、ともいえる
理想のアメリカ人、善き父、正義の規範をほぼパーフェクトに好演。子役も、
謎の登場人物Boo(ロバート・デュバル)の露出も実にほどよい。

- 本では、話し手が主人公の少女であったがためにわかりにくかった部分が、
映画ではカメラアイになることでかなりわかりやすくなる。また、原作よりも南部方言が
気にならなくなっていたのは、映像の力か。脚本の時点で、調整していたのか。

- 読み取りの不十分さから原作では(白人か、黒人かさえも)イメージしにくかった
登場人物属性も、映画でどういう風体のひとがどう演じているか、が示されて、
些末ではあるけれども重要な疑問点の数々が氷解。

- 黒人の台詞の注目すべきポイント、白人の黒人に対する言葉遣いの
注目点を適宜指摘してもらえた。ひとりで観賞していたら間違いなく見逃していたと思う。

- 実際にあった事件をベースにしたこの物語の登場人物のひとりの子供は、
のちのトルーマン・カポーティ、とのこと(同じ町に住んでいたので、この事件を体験している)。

- ハリウッド映画が得意とする法廷のシーンも、この時代ならではののどかなテンポで
手続きが進行していくが、台詞が切れ味よく、手に汗握る見せ場が。

- モノクローム作品、昔の映画独特の効果音のわざとらしさも気にならないほど、
緻密に複数のプロットが編まれている。抑制の利いた洗練された作品。
本を読むのにはまことに苦労をしたけれど、わかったふりをしなくて良かった。
映画もみんなで観られて良かった。


次回 課題本について:

ガルシア・マルケス『コレラ愛の時代』にいったん決まっていたが、
このへんで日本文学を、との意見あり。
Cの要望で、「ポスト・オウムの日本において重要な作家」を、と。

なぜポスト・オウムなのか、についてのCの説明*は以下の通り:

地下鉄サリン事件のあった1995年は、日本におけるあらゆる価値観 ― 
政治も社会情勢も危機管理も安全保障も経済も― の崩壊、あるいは転換点だと考える。
アメリカにおいても1995年は特別な転換点(オクラホマ爆破事件・O.J.シンプソン裁判)。
そのことを意識しながら現代日本社会と文学をひもときたい。


* 個人的には当初、オウム事件を境に文学作品を区切る意味が理解できなかった。
Cに指摘され、意識を持ちながら現在進行中の近代日本を外からの目で
鳥瞰する読書もあることに気づく。

一方、推薦資料を作るのに慌てる。
ふだん、読書に何を求めて本を選んでいるか、自分の読書傾向の偏りに愕然とする。
これは、本来ひとりでおこなうはずの読書体験では得られない、立ち位置の転換。
それに気づく良い機会となった。




office_bluemoonが挙げた候補**(推薦理由は割愛):

宮部 みゆき 『火車』
宮部 みゆき 『理由』
桐野 夏生 『グロテスク』
桐野 夏生 『OUT』
小川 洋子 『博士が愛した公式』

**本サークルの候補本の絶対前提として、「英訳されているもの」というしばりがある。
ここにあげた多くが殺人・犯罪小説系になってしまうのは、どうしても
「売れる本=センセーショナルなもの」、という図式がある限り、しかたがないこと。
であればなおさら、日本作家の作品で英訳されていないもののなかにも
まだまだ、佳品、名作があること、
そして、office_bluemoonはことさらな犯罪小説マニアではないことを強調
(つまり、名作として推したい本はほかにも山ほどあるけれど、哀しいかな、未訳である)。

Office_bluemoonが各作品について解説後、全員一致で、
桐野 夏生の『グロテスク』に決定。

各自すみやかに英訳本を入手のこと。

次回ミーティング詳細は追って決定とする。





会食メニュー(持ち寄り形式):

f0205860_0333943.jpg



f0205860_0335684.jpg




f0205860_0341361.jpg



オリエンタルチキンサラダ
出汁巻き卵
エンチラーダス
トムヤムクン
グリーンカレー
バナナホイップ入りクレープ カラメルソース添え


フローズンマルガリータ(マルガリータおたくスペシャルレシピ数種)
モヒート
各種カクテル(覚えきれない)


今回のおまけ:
三戦二勝 (Yes!)



f0205860_1302671.jpg



























アラバマ物語 【プレミアム・ベスト・コレクション800】 [DVD]

UPJ/ジェネオン エンタテインメント

スコア:


[PR]
by office_bluemoon | 2010-09-27 00:40 | Book club 議事録

gems


f0205860_12403557.jpg







灯りひとつひとつに宿る
哀しみや喜び。

それでも、一歩退いて
息を深く吸って、
目をこらしてごらんよ。

ほら、世界はこんなに色とりどりの
宝石箱みたいなのに。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-09-26 12:47 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

harvest moon


f0205860_13233593.jpg





闇を裁くでなく。

さやかに、幽寂に
沁み入っていく光。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-09-23 13:41 | ぜんぶ月のしわざ

murmur


f0205860_8207.jpg






「あのさ、ここだけの話なんだけどさ......」

「しっ、拡声器くん、声、でかいってば」
[PR]
by office_bluemoon | 2010-09-19 08:05 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

so beautiful


みぎわを歩くシルエットの中に、
見覚えのある姿を見つけ、駆け寄る。
三人の男が
海の彼方に捧げるかのように
三線とほら貝を風雅に奏でていた。


f0205860_9101125.jpg


どんな言葉をかけたとしても、
何かを壊してしまいそうな気がして。
ただ目を合わせてほほ笑んで、
そこに漂う光と音にそっと身をゆだねたたずむ。

潮騒。
波を射る芳醇な光。
色踊る西の空。

久しく触れらることのなかった情念をゆさぶる
おおきな貝の高らかな震え。
いつか見た大輪の花の香り運ぶ三線の弦。

太陽神が衣の裾をあとに残し、
厳かに舞台から去っていく。
波間に漂う残照。
光に照らされる、
人々の満足げな笑顔。


そんな世界と隔てられている、と
何かの拍子に感じてしまうとき。
かけがえのないものはすべて
指の間から砂がこぼれていくような
感覚に襲われるとき。
すべては虚しくなり、
身を切るほどの思いにひとり取り残される。


だけど、しかたがない。

大切なものはいつだって形がなくて、儚い。
それでいて、美しく気高い。

私の思惑などよそに
世界は今日も勝手に、無慈悲にまわり続ける。

私は目の前で起こっている「今」を
驚きをもってただうけとめ、
美しさも毒も味わい尽くし、
ときにひれ伏すしかない。


f0205860_916170.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2010-09-18 09:24 | こころ、泡立つ(events)

blur


f0205860_9115275.jpg





直球しかなげないぞ、と
むねをはってみたのだけれど。

うすぼんやりとした
あやふやもよし、とするのを
おとなというのかもしれないなぁ。

ちょっとむなぐるしい。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-09-17 09:16 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

お知らせ (『FREMAGA』 vol.10)


雑誌 『STUDIO VOICE』
2008年 7月号 vol.391 特集 
「本は消えない! インターネット以降の本当に面白い雑誌/本の作り方」
FREMAGA – こうして二人は雑誌をはじめた!
MEGUMI x オカマイの「FREMAGA」編集会議(番外編) より

「タレント、ミュージシャン、カメラマン、普段周りにいる友達で
影響力のある素敵な人がたくさんいるんだから、
何かテーマだけを決めて、その上で、
知り合いにやりたいことを持ち寄ってもらうだけでも
十分面白くなると思ったんだよね」
-オカマイ (グラビア・コーディネーター、ライター)

「私はずっと誰かが用意した企画に乗っかるのが仕事だったから、
モノを作るプロセスみたいなものにすごく憧れがあったんです」
「…フリーマガジンって、主張の強い、テーマの重いものが
多いイメージがあるけど、うちら、そんなことやろうとしたってできない(笑)。
人の面白さ、いい景色、おいしいご飯…誰もが気になることを
背伸びもせず、ずっと取り上げていきたいだけなんです…」
-MEGUMI (タレント)





『STUDIO VOICE』のバックナンバーでこの記事を見つけ、
こんな雑誌作り、楽しそうだなぁ、とずっと思っていたら、
ささやかにお手伝いをするご縁に恵まれました。



f0205860_6325221.jpg




”FREMAGA” vol.10 号Art特集号で
それはそれはささやかなコピーを書かせていただきました。

ヘアメイク、フォトグラファー、グラフィック・デザイナー、
アウトドアフィットネスインストラクター、ラフティングの世界チャンピオン。
昼な夜な、遊び場で出会う友人、そのまた友人、兄弟6人が
「鍛えぬ抜いた肉体もアートだ!」というコンセプトに賛同し
それぞれ手持ちのスキルと筋肉(?)を持ち寄って、の4ページの小宇宙。
タイトルは『饒舌な肉体』



f0205860_6341479.jpg






もともと大好きな遊び仲間たちでしたが、
それぞれがスペシャルな、
人によっては世界レベルな分野で
本気スイッチ入った横顔に
さらに惚れてしまいました。

遊ぶのも、表現も、仕事も、
手を抜くなんて、ありえない。
出会いに、感性の共振に感謝です。



16日くらいからTOWER RECORD渋谷店その他に
店内設置とのこと(無料配布です)。
“FREMAGA”、とらわれない、愉快で怪しくとんがった
真夜中のカーニバルのような紙媒体です。

"FREMAGA"★

お目に留まる機会があったら、
どうぞお手に取ってご覧になってみてください。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-09-16 06:46 | こんなもの、読んだ(本・雑誌)

にじむ


f0205860_7335454.jpg






そして今日も
気取られぬよう
涙を流し続け
空隙を埋めるものを
行間にひた探す
[PR]
by office_bluemoon | 2010-09-15 07:36 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

ぱーてぃーぴーぽー


誰だかわかりますね?

f0205860_941327.jpg





テブレのまま(ごめんなさい)
どの瞬間を切りとっても酷似。

しぐさはもとより、顔の造作、体型、など
ミクロの単位まで神経行き渡った
文句のつけようのないモノマネ。

やんやの喝采。

f0205860_9414216.jpg








それから、ドレスコードブルー、だったこのパーティーで、
ベストドレッサー&ファニーフェースはたぶん、この子。

むくむくで暑かろうに。
疲れ果てて、テーブルにつっぷしていたのに、
カメラを向けたら、この愛嬌!

ちょいとハグしてあげたかった。




f0205860_943778.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2010-09-14 09:51 | こころ、泡立つ(events)

威風


f0205860_112253.jpg






枯れてなお、
屹立す。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-09-13 11:02 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)