office bluemoon

<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

周辺の民(たみ)

f0205860_0503383.jpg






 気づいたら、ツイッターのアカウントも作っていた。
 六人のつぶやきを日々見て(=フォローして)いる。それ以外にも、
おすすめツイートが画面に現れる。それだけでも、日々、よくもまあみんな
いろいろなことを発信するものだなぁ、と感心してしまう。本当に反応したくなる、
印象に残るようなつぶやきにはそうそうないし、今自分が何をしていて
どこにいる、というのをこれほどまでにして知らせたい、知りたい衝動が
今のところ自分にはない。だから、自分からは最初の一回しかつぶやいていない。
 「ワタシヲサガサナイデ」、と。

 ツイッターに政治家たちが注目し始めたのは、日本では鳩山首相(当時)からだった。
そのきっかけのひとつは、いちはやくオバマ大統領も始めていて注目を集めていたこと。
そして、その有用性についてITメディアの識者たるとある広告マンが
リアルタイム実況(例:「今鳩山さんと恵比寿の縄のれんをくぐったなう(now=今)!」)に、
数百、数千、あるいは数万単位の人々がどう反応し、インタラクティブなコミュニケーションを
とれるかを実演してみせたこと、と聞いている。「マス(大量・大衆)メディア」では
浸透し得ない一対一のコミュニケーション、まつりごとの中央からは見えない、
民意を汲むツール、という売り言葉に飛び付いたらしい。

 その後、当の先駆者、オバマ大統領が訪中時の公式発言で
「私はツイッターを使ったことがない」と口をすべらせた。それでも、ツイッターの意義が
形骸化する様子はみられなかった。

 オバマ氏といえば、先日のAPEC訪日のときのこと。鎌倉にまた行きたい、と
言いだしたせいで、鄙びたわが街が超のつく厳戒態勢となった。さらに、米軍基地にも立ち寄る、という
知らせを受けるや、にわかに私服刑事が住民調査に来るわ、三日前から上空を
ハエのように軍用ヘリが飛ぶわ、パトカーの台数が一気に増えるわ、で、
大げさではなく戒厳令下のような様相を呈した。

 当日はまるで、映画のロケだった。私の住む三階建てマンションの屋上に
銃を持った警官が立った。家の前の桜並木にも、十メートルおきに警官と私服刑事が立った。
どうやらこの道を通るらしい。マンションも包囲された。居並んだ警官が沿道に背を向け、
住民側を向いて立っていた。部屋の中からそんな窓の外を見ると、不謹慎だけれど
アウンサンスーチー女史になった気分だった。
 「道路を封鎖します。これから三十分ほど、家の外に出ないでください」、と
長野県警のバッジをつけた警官に外出を留められた。
 日課にしている草野球の素振りをしようとしたお隣さんは、金属バットを手に持って
表に出たとたんに、警官に取り囲まれた。

 そして、大統領は本当にこの山道を通りすぎて行った。黒塗りのリムジンやら、
装甲車やら、軍用バンやらが三十台ほど連なる中で、ひときわ長いストレッチリムジンの窓から
オバマ氏が手を振っているのを、私はぼうっと歯磨きしながら、家のなかから眺めていた。
 ほどなくして、メタリックボディに打ちこまれたボルトまで見える至近距離から、
合衆国大統領を載せた軍用機が音を立てて飛び去って行った。

 数日経ってから、鎌倉の所感をオバマ氏がつぶやいているか、ふとチェックしてみた。
訪日中は何もつぶやいていなかった。やはり今もゴーストライターがいるのだろう。
日本には同行していなかったのだ。
 せめて「抹茶アイスなう」とか書いていたら、すごく親しみがわいたのに。
本人がツイートしていなければ、読んでもいないことをフォローして、
いったい何の意味があるのだろう。あらためて思った。そんな空虚なつながりなら、いらない、と。

 ゆかしい、こんな昔話を思いだした。
 丘の上に立ち、周辺の集落から立ち昇る煙を眺め、民の暮らしぶりを慮ったのは、
いにしえの天皇。
 電脳なツールや最新のテクノロジでどんなに頻繁に、メッセージが即時に行き交ったとしても、
伝えきれないぬくもりとまろやかな香りが、このエピソードには確かに残されているのに、と思った。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-11-26 01:01 | ほんの習作(掌編・エッセイ他)

soup

f0205860_21352156.jpg






初冬のスープ。
その効能は
身体をあたためるだけではなく、
頭がカラ回りしている時に、
ひと呼吸置き、
滋養をとれること、と知る。

時間をかけて作った
スープのような人でありたい。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-11-24 21:42 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

Don't Stop Me Now (Queen)

f0205860_20555548.jpg





走る
走らないと間に合わないかもしれない。
走る。
頬を伝う涙をぬぐおうともせず。
涙をぬぐってくれるなんて人が
あらわれても、あらわれなくても、
どっちだっていい。
走る。
走らなければ。

どうして涙が流れるのか
理由なんてわからなくたって、走る。

走らなければ後悔する。
ひとり、走るしかない。
走り続けることをえらぶ。

誰にも止められない。










"I'm trav'ling at the speed of light
I wanna make a supersonic woman out of you"



光の速さでぶっとばしてる、俺。
おまえを、スーパーソニック(超音速)ウーマンにしたい。









































グレイテスト・ヒッツ

クイーン / EMIミュージック・ジャパン

スコア:


[PR]
by office_bluemoon | 2010-11-20 20:57 | その時口ずさんだ(勝手に訳詞)

「嫉妬」

f0205860_172297.jpg


「できたての湯葉なんてもう、嬉しすぎる」
鍋から立ち上る湯気に、普段は淡々と話すA子もはしゃぐ。

 彼女とは高校三年間を共に過ごした。オーストラリア人と結婚してフィジーに居を構え、
子育てに一段落ついたところで小説を書いたら、それがいきなり新人賞をとった。
以来、作家となり、今回は三年ぶりの帰国。豆腐を嫌というほど食べたい、というリクエストで、
私たちは小料理屋でコンロを囲んでいた。

 共通項は、本だった。本好きという点しかなかった。A子は、エレキを背負って
髪の毛を立てて登校した。ヘビメタとかパンクのバンドを結成し、スタジオ代や
ライブ費用を稼ぐのにいつも忙しかった。私は授業とESSの英語劇の練習に出たら、
家の門限前に帰宅する地味な優等生だった。
 よく本の話をした。村上春樹、村上龍を貸してくれたのはA子だったし、
梶井基次郎、倉橋由美子の良さを滔々と語っていた。サリンジャーも一緒に読んだ。
放課後の図書室でもよく出くわした。選択授業の作文クラス仲間にも、洋楽ロックスターを
キャラに仕立てた同人コミックを作ろうとたむろする中にもいた。

 ひとつだけ、ふたりだけで取り組んだものがある。卒業文集の編集だ。A子が編集長に
名乗りを上げたのを見て、私も副編集長に手を挙げた。編集方針をめぐってこの時は、
実によく喧嘩をした。
 A子は迷いもなく文学部に進んだ。私は「文学なんて学校で習うもんじゃない」と決めつける
父に逆らいきれず、親が決めた大学と学部を受けて合格した。それぞれ無難に就職すると、
やがて年賀状も途絶えた。

 四年前、彼女の受賞の快挙を知った。すごく会いたくなった。何を話したいのだか
わからないのだけれど、絶対に探さなければ、と思った。けれど、連絡先がわからない。
 ネットでアンダーグラウンドに活躍していそう、という直観があった。我ながら驚くほどの熱意で、
ネット上を捜しまわった。作家志望者サイトに投稿しているのを見つけた。ペンネームでも
A子だとわかった。2ちゃんねるにもいた。でも、そこではアドレスを交換できない。
 最後、ミクシィでやっと見つけた。名乗ると、A子も再会を喜んでくれ、
帰国のたびに会うようになった。

 捜し出そうとした衝動の強さを、不思議に思った。懐かしさ100%、ではなくそこにほんのり、
ダークな影のようなものがさしているのも気になった。その頃私は翻訳業を始めて多忙だった。
やってもやっても、泡のように消えてなくなる実務翻訳。それはそれで人のお役にたてるし、
楽しくもあるが、これだけをこの先ずっと続けられるか、微かに戸惑っていた。
 醜い感情ほど、無意識は隠す。突き詰めると、嫉妬だった。認めざるを得なかった。
残る仕事がしたい。日々書く人になりたい。作家として世の脚光を浴びたA子が羨ましかった。
 つまり、作家に憧れていたことを生まれて初めて自覚した。机を並べていた友が、どうやって、
本に名を残す側に行けたのかを聞きだしたかった。もっと言うと、A子と会って、
自分には欠けていたものを知りたかった。
 
 再会してわかった。彼女は好きなものをずっと好きでい続けた。元々の文才に加え、
それもひとつの才能だった。結婚して子供ができてからの多忙を言い訳にもしていなければ、
頻繁には帰国できない不便も、活字中毒者だったのに日本の本が手に入りにくいことも
ハンディには捉えていなかった。
 日本語放棄した十年だったけど、やっと時間ができたから、
高校の作文の授業を思い出して書いてみただけ、と低い声で言った。書いてみたくなったの、と。

 今もし、私の願いがかなっていないとしたら、好きなことを好きでい続けなかったからだ、と気づく。
ダークな影の正体を知り、頭がクリアになった。忘れたふりをしていたパッションも思いだした。
諦めやいたらなさの後悔に、嫉妬という衣を着せてはいけない。
 文学に戻ろう。
 本好きでした、だなんて、どうして過去形にしていたんだろう。


 「書く三昧、の生活になってよかったね」胡麻豆腐の天ぷらとだし汁を
彼女の前に置きながら私は言った。
 「でもさ、小説を書くことと本が出版されることは違うんだよ。そっちだってさ、
面白そうな洋書見つけたら、紹介できるわけでしょ。本屋にいつでも行けて、夜遊びもできるのも
羨ましいよ。あっち、家の周りに何にもなくって。窓にカーテンもないから月明かりで
眠れない夜とかあるのよ」
  夜フラフラと飲みに行けて、豆腐を死ぬほど食べられる私にA子が嫉妬をしているかは
知る由もない。少なくとも私には、誰はばかることなく好きなことを選べ、と示してくれる
かけがえのない存在。望みが満たされていない身勝手な嫉妬なんかで、
そんな得難い友情を台無しにてしまうことなどありませんように、とほろ酔い心地で願った。






















































ワーホリ任侠伝

ヴァシィ 章絵 / 講談社

スコア:


[PR]
by office_bluemoon | 2010-11-16 17:13 | ほんの習作(掌編・エッセイ他)

a moonlit beach house


f0205860_12551131.jpg






f0205860_12552864.jpg





映画をみながら晩餐を、と
海の目の前に住む友人ご夫婦に招かれる。

海を身近に感じて暮らすことへのこだわりが
一様に魅力的な友人たちとの会話のかけら:


多くはいらない。
選りすぐった上質ものを、
ほんの少しずつ。
ゆっくりと。

人生を変えるもの。

いつもよりちょっぴり、の勇気。
いくつになっても、新しく出会うことに
驚き続けられるやわらかな心。
年齢を言い訳にして、美しい人生を
あきらめたりしないこと。

ひとしきり、の笑い声がひいたあとの静けさを
潮騒が埋めていく。
松の枝越しに月が高くのぼり、
たゆたう波に光が織られていく。

去り難き仄暗さ。
静寂にも余韻があることを知る。

やはりそんなに多くは必要ないのだとおもう。
このひととき、を分かち合える光年級の奇跡。
遠い空の下で同じ月に照らされている人の幸せを想う
きよらかなひとすじの涙。

このうえなくシンプルな悦びに満ちた時間。





f0205860_12493023.jpg

[PR]
by office_bluemoon | 2010-11-14 13:08 | しみじみのごちそう

賭け


f0205860_92744.jpg





ねぇ、賭けをしない?

その日、たくさん笑って、たくさんドキドキしたほうの勝ち。
ドキドキさせるのも、あり。
ごほうびは、宵の金星。グラス入りで。
どう?









f0205860_922229.jpg


(ふうん、と成り行きを見まもる三日月)
[PR]
by office_bluemoon | 2010-11-13 09:03 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

おもわく


f0205860_8562832.jpg






ボイラー脇に見つけたオブジェ。

なにゆえに、恐竜の頭と巨大潜水服を
並べたかったのか。
あるじのおもわく、
遠大なストーリーを考えているうちに
いいあんばいに冷めていくクラムチャウダー。

やっぱり世界は暗号に満ちている。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-11-13 08:57 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)


f0205860_1334513.jpg








ようやく、初志に帰る。
迷うの、これで最後にしたい。

曖昧さをすっぱりとあざ笑う三日月は
誓いのしるし。
晩秋の夕焼けが美しい日の風は
いつも、きりり、と冷たく澄みきっている。
[PR]
by office_bluemoon | 2010-11-10 13:36 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

シャネル三昧 『シャネル&ストラヴィンスキー』ほか二作


チェ・ゲバラしかり。ココ・シャネルしかり。
その生涯が闘いの連続であり、
過去を覆す者、としての孤独が深いほど、
映画の題材として好まれ、後世の人々に語り継がれていく。

2008年、ココ・シャネル生誕125周年の年に公開された
シャネルの伝記映画が三篇ある。
せっかくの競作、時間を置いてすべて観る。

見た順番は以下のとおり。

a) 『ココ・シャネル』 シャーリー・マクレーン主演
b) 『ココ・アヴァン・シャネル』 オドレー・トトゥ主演
c) 『シャネル&ストラヴィンスキー』 アナ・ミグラリス主演

女優冥利、の役どころ。
もちろんメゾン・シャネルの協賛によりビンテージドレスや
帽子、アクセサリーがふんだんに、効果的に登場。
眼を愉しませる演出には、どの作品も余念がない。

結論から言うと、最もストーリーの余韻が深く、
ココの美意識を再現した画像に手抜きがない、
それでいて安易な成功物語になるのを免れた点で、
『シャネル&ストラヴィンスキー』が白眉。

以下、備忘録を兼ねて、
それぞれ私感を箇条書きで。

***

a) 『ココ・シャネル』
成功の頂点を極めたシャネルが、死別した恋人、イギリス人貴族の
ボーイ・カペルとの日々を回想する。回想の語り手となる晩年のシャネル、
シャーリー・マクレーンの存在感は圧倒的。ただし、2時間弱でストーリーを
完結させるために、「だから今こうなりました」的説明に終始してしまい
大味になってしまった感も否めない。

b) 『ココ・アヴァン・シャネル』
修道院育ちの孤児がいかにしてココ・シャネルとなったか。a)がボーイとの
悲恋にのみ重心を置いているのと対照的に、最初の恋人、フランス貴族の
エティエンヌに囲われていた弱い立場から、
エティエンヌの友人ボーイとの出会い、
やがてデザイナーとして事業を成功させていくまでの
愛と自立の葛藤が中心。

説明的、という点ではa)と同じだが、回想手法をとっていない分、
シャネルが直面する危機に観客が一体化しやすい。マクロ視点ではなく
ミクロに、ディテールにこだわりながら物語が進行していく。

階級社会の壁に幾度もつぶされそうになってもめげない姿は
あの名作少女マンガ『キャンディ・キャンディ』を彷彿とさせた。
『アメリ』のオドレー・トトゥ、コケティッシュなシャネルを好演。

c) 『シャネル&ストラヴィンスキー』
成功してからのシャネル。作曲家ストラヴィンスキーの才能に注目し、
経済的支援をしつつ、 道ならぬ恋に落ち、やがてシャネルが身を引いていくまで。

二人が互いに惹かれあい、才能を開花させ、やがて離れていかざるを得なかったところに
フォーカスしきっている分、進行がすっきりとしている。
シャネルの功績については香水シャネル五番にのみ絞っているのも潔い。
あとは徹底したアールデコのインテリア、まとう衣装だけで、
彼女の当時のスタイルは
雄弁に語られている。これ以上は説明不要。

現代に置き換えたとしても稀有な、自立した美しき女性。この自立を支える強さは、
才能を、本物を見抜く直感への自信から。シャネルの奔放さの原動力は
インスピレーションを御せる者ゆえの傲慢さであり、その存在感は
ストラヴィンスキーを軽々と凌駕している。恋の高まりを
シャネル五番の香りに昇華し得たシャネルに対し、
ストラヴィンスキーの創作活動はいったんは熱情を帯びるものの、
想いを秘めとおす冷静さをやがて保てなくなる。
シャネルの一挙手一投足に翻弄され、家族や協力者をも失いそうになる。
国を捨てた音楽の革命児ですらも、苦悩する弱き男として描く容赦なさが、
この映画に夢物語では終わらない深みとリアリティを加えている。

煎じ詰めると、自立していさえすれば、男女の関係に主従はなくなる。
先にこの恋から立ち退くのを選べたシャネルの強さ。
その孤高な後姿は
観る者に長く余韻と美しい影を永く残す。

主演のアナ・ミグラスは現在のメゾン・シャネルのミューズ(モデル)でもある。
迷いのなさ、とは、もうそれだけで美しい。












ココ・シャネル [DVD]

東北新社

スコア:



ココ・アヴァン・シャネル 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

スコア:



シャネル&ストラヴィンスキー [DVD]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

スコア:


[PR]
by office_bluemoon | 2010-11-07 21:44 | Life is Cinema (映画)