office bluemoon

<   2011年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

No Hung Over

はじまりは、この本だった。
事件がどうの、というよりも、
アル中探偵マット・スカダーとバー。
そしてバーボンを愛でる描写の
文体がクリスプで美しかった。
真似したくて、原書を取り寄せて
試訳もした。

以来、
酒にまつわるミステリ、エッセイをまとめ読み。
一日の終わり。仄暗い灯りのもと、片手にグラス、で
読書する時間のいとおしさといったら。

f0205860_2259040.jpg


f0205860_23147.jpg


『聖なる酒場の挽歌』 ローレンス・ブロック 
"When the Sacred Ginmill Closes" Laurence Block
(2011-B23-0401)



f0205860_2325856.jpg


"A Drop of the Hard Stuff" Laurence Block 
(2011-B27-0417)



f0205860_2335424.jpg


冷酒と刺身、てんぷら、みたいなものばかり頭に浮かんで困った。


『男の作法』 池波 正太郎 
(2011-B31-0516)




f0205860_2372776.jpg


本好き、映画好き、音楽好きを
飽きさせないお酒エッセイ集。
酒場は学校、とさえ思う。
東(あずま)節が健在で嬉しい。

『グラスの縁から』 東 理夫
(2011-B36-0605)



f0205860_2310038.jpg


こんなふうに、飲み物のことばかり
日がな考えていたら楽しいだろうなぁ、と思った。
同じ作者で食べ物づくし、のエッセイも読んでみたくなった。

『飲むほどに酔うほどに』  重金 敦之 
(2011-B38-0606)





f0205860_23123286.jpg


予定調和やワンパターンとは、
裏切られない、ということでもある。
血中ヘミングウェイ濃度が高いが
はるかにライトな
オキ・シローの短編集。

『紐育のドライ・マティーニ』 オキ・シロー 
(2011-B39-0606)


f0205860_23155758.jpg


酒場とか酒が直接のテーマではないのだけれど。
グラスの中に美学を見出すしかなかった
最後の無頼派。

「若い女の子に“KY”という言い方があって 空気が読めない人のことらしい。
『馬鹿言ってるな。なぜいい年して 女、子供の吸ってる空気を読まにゃならんのだ。』 」

うわぁ。これ、言う人と相手を間違えたら、顰蹙を買いかねないだろうに。

『大人の流儀』 伊集院 静  
(2011-B40-0607)



f0205860_23183612.jpg


バーテンダー学、というのがきっとある。
こんなバーテンダーの前では
とぐろなんて巻けない。
由緒正しい
古今東西の酒にまつわるうんちく。

文豪にかかると、酔い心地はこうなる。

『春の花、タイム、ラベンダーの風味、デリケートでソフト。
これを飲むと、まるで月の光の下で音楽をきいているような感じだ』
(サマセット・モーム 『剃刀の刃』) 


飲んだら天使がペンに舞い降りたらいいのに、と
よく思う。


『洋酒うんちく百科』 福西 英三 
(2011-B49-0629 )



これだけ読んでも、二日酔いなし。
No hung over。

カクテルのレシピ、
ワインの銘柄などはからっきし頭に残らない(覚えられない)。
物覚えのわるさのせいでもあり
酔い加減のせいでもあり。
[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-30 00:07 | bar talk (boooze!)

"My Girl"  Mario Biondi

小粋な夏、のロールモデル、
今年はこんな映像の中から。

Una storia d'estate.
Non mi sento triste.
ある夏のものがたり。
哀しみなんて、知らない。








[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-29 14:30 | Mario Biondi !!


f0205860_13504759.jpg





咲く花に迷いはない。
迷う、ってことは、機が熟してないんだ。
[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-29 13:51 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

"Smile"  Jermaine Jackson

あれから2年。


弟の棺をまえに、
この歌を選び、歌いきった兄。


何が心をよぎったのか、
一箇所、Jermaineが歌詞を間違えています。
そこにまた意味を見出したくなる。

拙い試訳をご紹介しますが、
さて、Jermaineはどこを間違えたのでしょう?
(こたえはこのコラムの下に)






"Smile"

微笑んで 胸が痛くても
微笑んで くじけそうでも
空が雲で覆われていたって、だいじょうぶ
心配や悲しみがあったって 微笑んで
微笑んで 明日になればきっと
人生はまだ捨てたものじゃないってわかるから
ただ微笑んでいれば

Smile though your heart is aching
Smile even though it's breaking
When there are clouds in the sky, you'll get by
If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile


喜びで顔を輝かせて
哀しみのかけらも見せないで
涙があふれそうになったって
そんなときこそ がんばって微笑んで
微笑んで 泣いたってはじまらないよね?
人生はまだ捨てたものじゃないってわかるから
ただ微笑んでいれば

Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear may be ever so near
That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying?
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile


微笑んで 胸が痛くても
微笑んで くじけそうでも
空が雲で覆われていたって、だいじょうぶ
心配や悲しみがあったって 微笑んで
微笑んで 明日になればきっと
人生はまだ捨てたものじゃないってわかるから
ただ微笑んでえいれば

Smile though your heart is aching
Smile even though it's breaking
When there are clouds in the sky, you'll get by
If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile


そんなときこそがんばって微笑んで
微笑んで 泣いたってはじまらないよね?
人生はまだ捨てたものじゃないってわかる
ただ微笑んでいれば

That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying?
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile







































こたえ:
2パラグラフ目、
本来は
"Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness"
喜びで顔を輝かせて 哀しみのかけらも見せないで)である
箇所を

"Light up your face with sadness
Hide every trace of gladness"と
歌っています。
[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-25 00:51 | その時口ずさんだ(勝手に訳詞)

万物流転


f0205860_10275430.jpg





そういえば、菩薩も観音も大仏も
そのたなごころは、軽く指をあわせるか、
開かれているかのどちらか。

ほんとうの強さは
握り締めた拳には
ないのかもしれない。


握り締めない。執着しない。
Let it go. Let it be.
[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-20 10:28 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

リラックスするには

f0205860_1024970.jpg





大事のまえの小事には、
黙ってスマイル、スマイル。
[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-16 10:24 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

"The Long Goodbye"から -1

f0205860_18532269.jpg






もう、100回以上読み返していると思う。
文学史に永遠に残る、酒場の描写。

原作第4章の冒頭。私立探偵フィリップ・マーロウと
テリー・レノックスが、夕方まだ早い時間に
<ヴィクターズ>のカウンターに並んでグラスを傾けている。
これは、テリーの台詞。

“I like bars just after they open for the evening. When the air inside is still
cool and clean and everything is shiny and the barkeep is giving himself
that last look in the mirror to see if his tie is straight and his hair is smooth.
I like the neat bottles on the bar back and the lovely shining glasses and the
anticipation. I like to watch the man mix the first one of the evening and
put it down on a crisp mat and put the little folded napkin beside it.
I like to taste it slowly. The first quiet drink of the evening in a quiet bar ― 
that’s wonderful.”
"The Long Goodbye" - Raymond Chandler



清水俊二訳:
「ぼくは店をあけたばかりのバーが好きなんだ。店の中の空気がまだきれいで、
冷たくて、何もかもぴかぴか<「ぴかぴか」に傍点>に光っていて、
バーテンが鏡に向かって、ネクタイがまがっていないか、髪が乱れていないかを確かめている。
酒のびん<「びん」に傍点>がきれいにならび、グラスが美しく光って、客を待っている
バーテンがその晩の最初の一杯をふって、きれいなマットの上におき、折りたたんだ小さな
ナプキンをそえる。それをゆっくり味わう。
静かなバーでの最初の静かな一杯―こんなすばらしいものはないぜ」

村上春樹訳:
「夕方、開店したばかりのバーが好きだ。店の中の空気もまだ涼しくきれいで、
すべてが輝いている。バーテンダーは鏡の前に立ち、最後の身づくろいをしている。
ネクタイが曲がっていないか、髪に乱れがないか。バーの背に並んでいる清潔な酒瓶や、
まぶしく光るグラスや、そこにある心づもりのようなものが僕は好きだ。バーテンダーがその日の
最初のカクテルを作り、まっさらなコースターに載せる。隣に小さく折り畳んだ
ナプキンを添える。その一杯をゆっくり味わうのが好きだ。しんとしたバーで味わう
最初の静かなカクテル―何ものにも代えがたい」


office_bluemoon試訳2011年版:
「僕は夕方に店を開けたばかりのバーが好きだ。空気はまだひんやりと澄み、
どこもかしこもぴかぴかで、バーテンダーは鏡に姿を映してネクタイは曲がっていないか、
髪は乱れていないか最後にもう一回チェックしている。カウンターの背後に
整然と並んだボトルと素敵に光るグラス、そして予感めいた気配が好きだ。
その夜最初のカクテルをバーテンダーが作ってぴんとしたコースターの上に置き、
小さくたたまれたナプキンをその脇に添えるのを見ているのが好きだ。その一杯をゆっくりと
味わうのがいい。その夜最初の静かなカクテルを、静かなバーで飲む。最高だね」
[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-14 19:06 | 翻訳シャドーボクシング(試訳)

f0205860_9421748.jpg







わたしがわたしであることを、
声高に叫ぶ必要など、ない。
[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-14 09:38 | 迷路に遊ぶ(おもふこと)

『顔写真』

f0205860_10134637.jpg






 何が苦手って、写真を撮られるのが苦手だ。シャッターのタイミングに合わせて笑顔になれない。
写真を撮るからといって可笑しくもないのに笑えない。そのうえ、表情の動きが人よりも数秒ほどトロい。
十枚撮ったら、うち八枚は目をつぶっている。まばたきすまいと息を止めていると、
びっくりタヌキか、豆鉄砲をくらったハトのような顔で写る。もし神様が三つの魔法をかけてくれるとしたら、
うちひとつは「写真にうまく写れる人にしてください」とお願いしたいくらいだ。

 ところが、八歳下の弟は写真写りがいい。カメラ目線を押さえている。シャッター速度に合わせて、
笑顔を保つこともできる。家族写真を撮ると、哀しいほど私との違いが歴然とする。
私以上に引っ込み思案だったのに、どのへんからこの差がついたのか。

 転勤に伴って、弟は小学校低学年からインターナショナルスクールを転々としていた。
弟の学校で一年に一度編まれるアルバム、イヤーブックを眺めていると、
笑顔こそ教育と訓練のたまもの、と思い知らされる。イヤーブックには小学生から高校生まで
全校生の顔写真と学校生活のスナップが収められているのだが、天使のようなチビちゃんから
ヒゲがうっすら見える高校生まで、彼らの顔写真はいつだって、ハリウッドスターかアメリカ大統領選
候補者もかくや、というほどの眩しい笑顔だ。日本の学校の卒業アルバムでは、
歯を見せた顔写真など言語道断だ。ところが弟の住む世界では、人前ではかくあるべし、という
経験とトレーニングが功奏し、どの子も自分を堂々とみせるスイッチをちゃんと使いこなしている。
外界へのプレゼンテーションの仕方を知っている。わが弟も、このすべを後天的に身につけたらしい。
 英語ができる、できない以前に、私はこの奥義を身につけそこねたまま今に至り、
相変わらずねぼけまなこや中途半端な笑顔で写真に写っている。

  伊丹十三という人が「アメリカ人」というエッセイでこんなことを書いていた。
アメリカ人は「NО」を言う覚悟ができている人である。これがアメリカ人の基本的性格の
一つであると思われる。それでいて笑顔が魅力的であることは、アメリカ人において、
大いなる美徳であるらしい、と。いわく、「だからねえ、アメリカ人も楽じゃないと思うわけよ。
いつでも戦う用意がありながら、いつでも歯を見せてニコッとでなきゃいかんというんだからね、
喧嘩ができてジョークがうまくなきゃいけないんだから、これはもう大変(『原色自由図鑑』週刊文春 
一九七七年)」

 アメリカ人というものは、とくくってしまうのはとても危険だとは思う。それでもこれを読んで
欧米人が多い環境に置かれたときに感じる得体の知れない怖さ、というべきか圧伏感の
正体に思い当った。笑顔の奥にある気概のようなものがそもそも違うんだ、と腑に落ちた。
彼らは満面に笑みを浮かべていたって、意を唱えるときには攻撃に転じる構えを怠らない。
西部劇のガンマンやダーティー・ハリー、ギャング映画などを思い浮かべればわかる。
ニカッ、と笑ったら、用心したほうがいい。その次には何かが起こる。石川五右衛門や
宮本武蔵が刀の柄に手を置いたまま不敵に微笑むことはあっても、
歯をむき出して笑ったりはしない。たぶん。

 ところが、最近のスポーツ選手を見ていると、日本人も変わってきているようだ。
笑顔がナチュラルだと思えるスター選手が数多くあらわれた。石川遼や浅田真央など、
溢れる笑みを隠さない、彼ら、彼女たちはフラッシュを浴びても動じずにニコニコして
写真に納まっている。プレス用顔写真もにっこり笑顔だ。世界を相手に勝負していると、
こうなるのだろうか。日本人もグローバル化したのかもなぁ、と感心する。
プリクラの登場あたりから、特に若い人は笑顔で写真を撮られるのがうまくなった。
「NО」という気概があるかはともかく、自分の見せ方を知っている。勝ってもちっとも嬉しそうに
見えなかった巨人軍の王とか、マラソンの瀬古のような昭和の武骨なスポーツ選手を思うと
隔世の感がある。

 白黒写真しかまだなかった頃、祖父母の時代、笑顔で写真に写っている人なんて
あまり見なかった。私の祖父は新しもの好きでポラロイドカメラや8ミリをいち早く手に入れて
いろいろなものを撮っていたが、当の本人はカメラの前ではいつだってしゃちほこばっていた。
母や叔母たちがパッケージツアーを手配して祖母とのハワイ旅行に送り込んだときの写真を見ても
そうだった。開襟シャツを着てヤシの木の下で、トロピカルドリンクを前にむすっとしていた。
 いくらチーズ、といわれても、歯を見せなかった。8ミリカメラを向けても同じで、祖父は顎を引き、
神妙な顔で気をつけの姿勢のまま、微動だにしなかった(動画で撮っている意味がない)。 
 でも、そんな記録が今となっては、すごく懐かしい。意志が強く頑固だった祖父のたたずまい、
ありようそのものがそこにあらわれていた。あれはあれで、武骨で正直な
プレゼンテーションなのかもしれない。全員が、とは言わないけれど、普段は会議でヤジを飛ばすか
居眠りをしている代議士先生が選挙前だけ、ニカッと笑っている顔写真を使った選挙ポスターよりは、
よっぽど嘘がない。

 どう見られたいのか、よりも、自分自身であることのほうが実は大切なのかもしれない。
写真を撮られるたびに笑顔になるのが遅れて、顔写真もぼんやりとした人にしか映らない
私のありよう。迷いの多さと自信のなさを隠しきれずにいる。それはそれで正直なプレゼンテーションで、
ひとつの正確な記録なのかもしれない。
[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-12 10:20 | ほんの習作(掌編・エッセイ他)

『非現実的な夢想家』 春樹さんのスピーチ

この方が口を開くのをずっと待っていました。

カタルーニャ国際賞受賞スピーチより。(2011年6月8日)




 「その大がかりな集合作業には、言葉を専門とする我々=職業的作家たちが
進んで関われる部分があるはずです。我々は新しい倫理や規範と、
新しい言葉とを連結させなくてはなりません。そして生き生きとした新しい物語を、
そこに芽生えさせ、立ち上げてなくてはなりません。
それは我々が共有できる物語であ るはずです。
それは畑の種蒔き歌のように、人々を励ます律動を持つ物語であるはずです。
我々はかつて、まさにそのようにして、戦争によって焦土と化した日本を再建してきました。
その原点に、我々は再び立ち戻らなくてはならないでしょう」


「我々は夢を見ることを恐れてはなりません。そして我々の足取りを、
『効率』や『便宜』という名前を持つ災厄の犬たちに追いつかせてはなりません。
我々は力 強い足取りで前に進んでいく『非現実的な夢想家』でなくてはならないのです。
人はいつか死んで、消えていきます。しかしhumanityは残ります。
それはいつまでも受け継がれていくものです。
我々はまず、その力を信じるものでなくてはなりません」






原稿全文(日本語原文) 




私自身がここまでくるのを
支えてくれた
ほかならぬ
ことばたちの、ものがたりたちの力を
信じなくてどうする。

あしたこの世の終りが訪れるのだとしても、
やり続けていたいことがせっかくあるのに
うちひしがれたり
迷っていてどうする、と
みずからを戒めた朝に。
[PR]
by office_bluemoon | 2011-06-11 13:23 | 泡沫を掬う(忘れたくない言葉)