office bluemoon

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サマセット・モームのアスパラガス

f0205860_18592454.jpg





幼いころに読んだサマセット・モームの『ランチ(原題 Luncheon)』という短編に、
アスパラガスが登場する。
懐を気にする貧乏作家の目の前で、キャビアだの、サーモンだのを注文するレディが
とどめに頼んだのは、高価で、立派なアスパラガス。
私が読んだバージョンではこれを、ホワイトアスパラガス、と書いていたと記憶する。
ホワイトアスパラ、といわれても、私が子供の頃はまだ緑色のラベルの缶詰しか出回っていないし、
それしか食べたことがない。


白ワインをお供にアスパラをフォークとナイフで切り分けるレディ。
自分が奢らされる金額を想像した貧乏作家が、気絶しそうになるくだりがあった。

でも、そのホワイトアスパラ、憎たらしいほど美味しそうだった。


この刷り込みがあって、かねてからぜひやってみたかった。
ちょっとスノッブな白ワインとホワイトアスパラ尽くし。

というわけで、友人の企画したホワイトアスパラとオーストリアワインの
試飲会のお誘いに二つ返事で飛びついた。


この日のために180本仕込んだ、というシェフ渾身の
ホワイトアスパラガス料理。これを着席でいただきながら、
泡・白・赤の計10種類を試飲。

たまたま同席となった方がまたお優しく、不調法な者にもわかるように手ほどきをしてくださったので、
新たに口に含むたびに広がる味わいを、それぞれの言葉で語るのも底抜けに愉しく。

専門用語オタクとしては、渡されたワインメモにある「ほのかにタバコの香り」とか、
「バランスの良さと余韻の長さ」とか、
「洗練とボディを兼ね備えた」などというワインならではの語彙にしびれる。
読んでいるだけで眩暈がしてくるほど胸躍る。


同じ白アスパラが、いわゆるワインとのマリアージュによって飛び跳ねたり、
まったりと寝そべったり、はんなりとしたり。
名舞台俳優さながら、のドラマチックな変化を堪能。

ところで冒頭のモームの短編にはそのランチから20年後、のオチがある。
そんなレディの二の舞になってなるものか、と心に誓いつつも、
子どもの頃の憧れをこんな酔狂な集まりで、
丁寧に、美味しく、楽しく満たすことができて心から嬉しかった。






































***
[PR]
by office_bluemoon | 2016-05-30 19:07 | はらぺこの記憶(食べ物)

Reading All Around the World ― 読書で旅する世界 2016年 5月末まで

f0205860_13263343.jpg




文学で巡る世界紀行。
あっという間に梅雨に入ろうとしているので、ここまでのまとめを。
7か国、8冊。



#1 「デミアン」 ヘルマン・ヘッセ(ドイツ)

気づくといつも群れから一歩離れて、世界を眺めている。
だからこそ味わう自由と、孤独がある。その風通しの良い場所では、
何にももたれかからないつもりで(実は何か超越した存在を希求し、
身をおもねているのだけれど)常に一人で考え、決め、
前に進まなければいけない――こんな気持ちを
味わったことがある者なら、デミアンは身近な存在になる。
とはいえデミアンの足踏みが時折じれったく、青春文学はやはり
青春期に読んでこそ、と痛感。



#2 「肉体の悪魔」 レーモン・ラディゲ(フランス)

困ったことにこの少年期の懊悩と衝動にはほとんど共感できなかった。20歳で
早逝した天才作家が10代の実体験をもとに書いたというこの作品は
のちの世に大きな影響を与えて名優が映画を演じ、日本では三島由紀夫がラディゲに
心酔した。
今回、同時期に本書を読んだほぼ同世代の友人2人は、大きく共鳴していた。
作品と出会うべき年齢、というよりも「恋に恋する」年頃へのスタンスが
この作品への評価を分けるのかもしれないと思った。



#3 「樽」 F.W.クロフツ(アイルランド)

こちらの最終パラグラフで紹介。こういう、噛むのに顎をすごく使う古臭い推理小説が好きだ。



#4 「百年の孤独」 ガブリエル=ガルシア・マルケス(コロンビア)

読書会100回記念に、と「百」つながりで選書し、みんなで読んだ思い出深い読書。
イタリア語版もたまたま手に入れたので同時期に並行して読破
(原作はスペイン語だけれど、たまたまイタリア語の先生が貸してくださった)。
ひとことで言うと、明るい諸行無常。死者が何度生き還ろうが、血があり得ないほど
流れ続けようが、空から何が降ってこようが、同じ名前を受け継いだ者がどれだけ
あやまちを繰り返そうが、とにかく脈々と受け継がれる一族の因縁。業。
どんなに奇想天外なことが次々に起きても、読み手に受け入れさせてしまう
このぐいぐいと引っ張っていく筆力ってなんだろう。



#5 「ジゴロとジゴレット」 サマセット・モーム(イギリス)

昔読んだはずなのに、今、魅力を再発見、のモーム。この短編集は、
ハズレなし、の名作集。一つ一つ形も味も違う高級チョコレートの小箱を
少しずつたのしむような、豊かな気持ちになれる読書。

さまざまな場面設定で始まる小さなドラマ。読みながら自分の経験値に
照らし合わせて予測する結末は見事、どれも裏切られる。
今回読んだ中では、作品「ジェイン」を覚えておきたい、と思った。でもこれもまた、
人生のどんなときに読んだかによって折々変わりそう。そこがまた、いい。

モームは生涯旅を多くし、イギリスのスパイとしても活躍していた。
だからこそ、の鋭い洞察力、それと情に流されない冷静さと知性。



#6 「響きと怒り」 ウィリアム・フォークナー(アメリカ)

マルケスをして、ノーベル賞受賞のときに「フォークナーと
同じ場所に立てて嬉しい」と言わしめた、アメリカのノーベル賞作家。
マルケスに与えた影響を知りたくて、手に取ってみた。なるほど、この、
大胆なストーリーテリングがマルケスになるのか、と検証できたのは
興味深かった半面、これほど解説が必要な文学作品というのはどうだろう、
という疑問が残る。
もうひとつ。アメリカ南部の小説に登場するアフリカ系アメリカ人が
話す言葉(日本語訳)がかなりの確率で「~ですだ」、「でごぜえます」
なのは、そろそろ何とかならないものか、気になって仕方がなかった。



#7 「ある作曲家の生涯」 カレル・チャペック(チェコ)

こちらも、初めて読む作家。多くの登場人物の証言によって、
一人の人物像が浮かび上がっていく。
最終章で延々と語られる、芸術の在り方(個性の表出ではなく、
神から分け与えられたものを素直に映し出すこと)、がこの本で実は
チャペックが最も言いたかったことではないか、と思った。チャペックは
チェコ語で書いたのだと思うけれど、英語のdivine(天与の、神から授かった)と
divide(分ける)、express(表現する、絞る), expression(表現)、と、
そのあたりのキーワードの語源を使った
言葉遊び、的な要素が本来あったのではないか。



#8 「オセロ」 ウィリアム・シェイクスピア(イギリス)

そういえば、子供向けではないシェイクスビアをちゃんと読む機会が
なかった、と気づいて読書会で取り上げる。戯曲は慣れてないと読みにくい。
この前後に、シェイクスピア論をいくつか読んだ。台詞からその人物像を
読み取り、声に出してキャラクターを創り上げられる俳優という仕事のすごさと、
作品もその台詞(海外作品の場合は翻訳)が生命、ということがよくわかった。
シェイクスピア、舞台版もいつかぜひ観なければ、と思う。

























































































***
[PR]
by office_bluemoon | 2016-05-30 13:42 | こんなもの、読んだ(本・雑誌)