office bluemoon

<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Night Buddha


f0205860_558040.jpg








































































































***
[PR]
by office_bluemoon | 2016-08-26 05:58 | 刹那を留める(タイトルのみ)

a night walk


f0205860_748401.jpg



夕餉の香りが漂ってくる薄暗がりの中、友人とそぞろ歩き。

古都の夜間ライトアップ。
普段は見えない精霊とか、ファンキーな妖怪とか、
文士の亡霊とかとすれ違っていてもわからない。





























































***
[PR]
by office_bluemoon | 2016-08-24 23:19 | こころ、泡立つ(events)

Jomon Museum

f0205860_13524569.jpg





縄文考古館に。

食のバリエーションは今よりも乏しかったはずなのに、
日常やまつりで使ったとおぼしき器の形の自由さ、洗練にただただ、溜息。

4000年の歳月を越えて発掘された国宝『縄文のビーナス』のフォルムと意匠。
神と祭りと遊びがもっと身近にあった暮らしを想う。


















































































*****
[PR]
by office_bluemoon | 2016-08-16 13:53 | こころ、泡立つ(events)

Ozu trail

f0205860_13481027.jpg




蓼科にある小津安二郎監督の別荘、無藝荘をスタート地点に、佐田啓二さん、
笠智衆さんの別荘を辿りながら、
白樺や樅の木陰を歩く小津の散歩道。けっこうな距離。
帽子をかぶり、ステッキをついて歩く姿を風景にしきりに重ねてみる。

一本桜の丘まで上がり、手を合わせる。ふたたび木もれ日の小径を踏みしめ、
ヴィーナスラインをわたって無藝荘に戻る。


「小津の映画をちゃんと観てくれている人は、みんな大好き」、と破顔一笑言い放つ
別荘管理人さんと縁側でしばし話し込む。









































***
[PR]
by office_bluemoon | 2016-08-16 13:49 | こころ、泡立つ(events)

starlight cinema

f0205860_1418236.jpg





「樹」がテーマのスケジュール。
諏訪神社をお参りし、御柱を育む山を越えて、ヴィーナスラインをクルーズ。
地平線の田畑をぬけて、原村へ。
日本一標高の高いところにある夏限定のシアター、『星空の映画祭』に。

「樹」つながりのしめくくりに、
白樺に囲まれたスクリーンでぜひ観たくて日を合わせた
映画『Wood Job』を鑑賞。
現代でも、神と樹を畏れ、山に暮らす人々のあらくれコメディ。


開演のアナウンスが始まり、会場にあるすべての照明が
消えた瞬間の闇の深さ。
そして、エンドロールに切り替わった瞬間に溜息と共に
湧き上がる拍手は、この映画祭ならでは。



































































***
[PR]
by office_bluemoon | 2016-08-16 13:15 | こころ、泡立つ(events)

beach dinner


f0205860_13442947.jpg





「じゃ、サンセット頃、ビーチで」、というゆるい約束で集まってハマゴハン。
潮騒、蝉時雨、炭火のはぜる音。友たちの笑い声。

このあと、真っ赤な三日月の脇に、遠くの花火が次々に上がるのが見えた。







































































































***
[PR]
by office_bluemoon | 2016-08-09 13:45 | こころ、泡立つ(events)