office bluemoon

traditional craft

f0205860_06545681.jpg

「竹中大工道具館」

学芸員の方に随行いただき、見学。
木を読み、その特性を用の美に活かす
古代日本建築の神髄に触れる。


最も心に残ったのは茶室の宇宙館。


気の遠くなるような工夫と技術を細部に凝らしているのに、上から土を塗ったり、
板をかぶせてしまうから、その細工は表に出ない。

ものすごい努力をおくびにも出さず、完成した状態は、ツライチ(表面が均質でフラット)。
風雪に耐え味わいが増す中で、その技術はじわり底力を発揮する。

そんな人がいい。


































































***


[PR]
# by office_bluemoon | 2017-09-28 06:34 | こころ、泡立つ(events)