office bluemoon

Heart to Heart (Kenny Loggins)


映画"Footlose", "Top Gun"テーマなどの一連のヒットから
ミスター・サントラ、とさえ思われている、Kenny Loggins。
Loggins&Messinaよりもあと、サントラ王になるよりも少し前の
"High Adventure"のウエストコースト・サウンド、
意外なほど知られていない。

何にでも染まりやすい時期。
高校に入学して隣の席になった、
とてもスタイリッシュな女の子(女子高だった)に
教えてもらったアルバム。

かっこいい先輩や同級生たちは、
教科書を入れる鞄のほかに、
渋谷のTower Recordsの黄色い袋をくしゃくしゃ、っとして
無造作に脇に抱えて街を闊歩していた。

まだ入学したてで、
前髪もオン・ザ・眉毛。
それでも、新しい制服を着て
借りたレコードを入れた袋を持って
山手線を半周して家に帰る自分が
とても大人になったように思えた。
高揚していても無造作に見せようと、
何度も袋の抱え方を変えたりしたのを
よく覚えている。

このアルバムでも一番好きな曲、"Heart to Heart"。
明るい曲調でも、実はこれ、ふたりの関係が
おわってしまうことを歌っている。
御大、Doobie BrothersのMichael Mcdonaldと競演している
貴重なステージ映像。
(サックスはDave Coz!)













変遷あれど、回帰するのはこのあたりの音。

鎧とか、意地とかいきがりとか、
飾りとかぜんぶかなぐりすてて
すっぴんになったときに欲しいもの。
やっぱりざっくり編みのニット、
綿麻の白シャツ、
香の物とごはん、のような私的位置づけ。

未来が眩しすぎて自信がなくて
途方に暮れてばかりいた。
この歌詞のように、
「永遠に続くものなんて、ない」、って思ってた。
いや、今もそうかもしれない。
おそるおそる、のはじまりも、
結局戻ってくる場所も、いつもこのあたり。

心もとない花曇りの日に
ふと思い出してしまう、15の春。





































































ハイ・アドヴェンチャー(紙ジャケット仕様)

ケニー・ロギンス / SMJ

スコア:


[PR]
by office_bluemoon | 2010-04-11 10:54 | 私的juke box(tunes)