office bluemoon

感謝をこめて。そして前へ。

f0205860_18183031.jpg






おかげさまをもちまして、
東日本大地震支援のための写真展
“Am I Losing You?” が
熊本の橙書店での
会期を終了いたしました。

まずは、かかわってくださった方々、
会場に実際に足を運んでくださった方々、
有形無形のエールを送ってくれたすべての方々に
居住まいを正して、
心から御礼申し上げます。

Team M、そしてこのプロジェクトが誕生したのは
311から約一週間後のこと。
3月18日深夜3時にNorikoから届いた
「愛」というタイトルのメールがすべての始まりでした。

この混沌の中で、
みずからの暮らしを護りながらも、
できることは何か。
確たる実績も自信もないのに、
なぜこれほどまでに集中して、つき進めたのか
今振りかえると不思議でなりません。

支援のため、などと大それたことを申し上げながら、
一番エネルギーをいただいたのは
ほかならぬ企画当事者たちではないかと思います。
逆に、これがなかったら、
無力感に押しつぶされていたかもしれません。
(だからといって、今だって有能だなんて
ちっとも思えないのですが)

Norikoによる写真展集計のご報告 
ご挨拶

そして、昨日熊本から届きました。
会場に足を運んでくださったお客様が
ノートに綴ってくださったことばの花束。
たからものです。

下記に一部ご紹介させていただきます。

********************************

★豊かな写真と豊かな心にふれました…。
一日も早くみんながホッとできる日がくる事を…。
ありがとうございました。

★何気なかった。けれど美しい人生…。
そこにある事の素晴らしさ
共に居る事の喜び
大切にしたいと思います。

★あたり前のことは、本当はあたり前ではなかった。
その事に気づくのは、いつも手遅れになってからなのか…。
人間はいつもいつも、忘れすぎる生き物であってはいけない。
そして、それでも前を向いて行かねばと、考える今です。

★あたり前のようにそこにあった風景が
日常が、前とは違って見えます。
平和でおだやかで、たまには「たいくつ…」と
思ったりした時も
あった毎日がかけがえがなかった、
しあわせな日々だったと思います。
なつかしく思いだします。
失ったものは、はかりしれないけれど、
これから、また前とは違う、
あたり前な日常を少しでもよいものに
つくっていけたらと思います。
今度の大きな出来事を忘れず、でも前を向いて、
花の美しさも、海の気持ち良さも、
光のきらめきも、祈りの尊さも、
大切にしていきたいと思います。
ありがとうございました。

★何を考えて、どんな気持ちでカメラを構えてるのかな?
どのしゅんかんにシャッターを切るのかな?
カメラにうとい私はそんな単純なことを考えていました。
でも、一枚一枚凝視している内に感動が、
鼓動が伝わってきました。
伝わるんですね!
伝えたいですね。
この感動を、この鼓動を、このふるえを…。
東北関東、被災地の方々へも…。

★3.11からもう3週間がたち、非日常が日常になっていく
そんなこわさもあることを感じる日々です。
一枚、一枚に込められた想いが東北の方へ、元気のない日本へ
届きますよう、お祈り申し上げます。

★日常、いつも通り、いつも見ている景色。
それに慣れると、「たいくつだ」と思ってしまっていたけど、
ぜいたくなことだと気付かされました。

★どこか切なくて
どこかさびしくて
でも、じんわりあたたかくなる写真たち。
「何気ない」って贅沢なんですね。
大切にしたいと思います。

★一枚一枚の写真に出会えてとても嬉しい気持ちでいます。
ありがとうございました。

★普通が普通でない日常になった時、
あらためてじっくりと何でもない事や
モノを見つめる時、先に何をみるのでしょう。
そんな出来事から3週間過ぎてしまいました。
素晴らしい仲間である事、素敵ですネ!
レンズを通して見つめる先を
感動として伝えられるっていいですネ!
ありがとうございました。

★今を一生懸命に生きよう。
そう思う様になりました。
写真展の案内、感謝致します。

美しい写真に心を癒されました。
一瞬一瞬の感動が写真に収められていて、
素敵な写真展でした。
ありがとうございました。


★私の大好きな写真がたくさんありました。
心をつかまれました。
そして、意味をしりました。
ありがとうございます。

★祈・祈・祈

★私もできることをしたいと思っています。
自身におきていない事のため、実際はどれだけ大変な
ことかを分かっていません。
ですが、私もできるかぎり考え、生活します。
きっかけをありがとうございます。

★自分にできる事は少しかもしれないけれど、
それでも信じてやっていこうと思います。
みんなに展覧会の事を伝えようと思います。
ありがとうございました。

★花…花びら…海…光…夕暮れ…
自然によって今回は人々は悲しみ、涙し、
また自然によっていやされる…
そう写真を拝見しながら、思いました。
「あたりまえ」だと思って過ごしてきたことが
いかにキセキだということ。
日々の瞬間瞬間、戻ってはこないのですね。
だからこそ、愛しんで
過ごしていきたいです。
すばらしい写真の数々
ほんとうにありがとうございました。

★胸にとどめておこうと思っています。
熊本にいて今日常を生きていますが、
今恐怖の中で苦しみ悩む方々のために
微力でも役に立てないかと…ここにいいると
写真たちは美しく優しく語りかけてきます。
被災された方々の心がいつの日か
安らかになられることを祈ってやみません。

★ありがとうございました。
美しかったです。
そして、私たちの日常は
美しいんだなと思います。

★ありがとうございました。
海の写真…心が和みました
海は優しいだけじゃないけど、それでも海にひかれます。
人々の心にも、また、海が帰ってきて心和みますように祈ります。
「K」さんの紹介で参りました。ご縁に感謝。
p.s. ポストカードのどこかに個展のタイトルと日付が入っていると
記念になります。またどこかのギャラリーで
出会えるかも…。

★やっと伺うことが出来ました。
遅くなりました!
気仙沼の人々は、こうなった今も、
海を悪く言わない、と
聞きました。
海のやさしさも、こわさも豊かさも、
すべて知ってらっしゃるからなのだと思います。
そして、海がしたことではなく、
地震が招いたことだから…と
今を受けとめてらっしゃることに
頭が下がる想いです。
これからも海を愛してゆきたいと思います。

★ありがとうございました。
写真とてもきれいですね。
ご縁に感謝です。

★この1ケ月間、色んな事を感じ、考えながら、
暮らしていたと思います。
遠いどこかではなく、自分の事、痛みとして、
感じたり。
上手く言えませんが、写真を拝見し、
日常の美しさ、優しさを見た
次なるパワーがわいてきた、
そんな気分です。
嬉しくなりました。
ありがとうございました。
素敵な写真に出会えました。 

★生活の中に詩とほほえみの時間が必要…と
心から思います。
この写真展を見て思ったことです。
いつの間にか心がやせていたように感じられて。
ありがとうございました。

★あたりまえの日常がいかに大切か…を
思い知る毎日です。
美しい写真。きれいな青空。花…
早く元気な美しい日本にもどってほしいです。

★一ヶ月経ってもなかなか胸の痛みがとれませんが
早く元気になって被災者の方達を応援したいと
思います。
素敵な写真の数々で感動しました。
長い道程になるかもしれませんが被災地もまた、
以前の姿に
なるよう祈るばかりです。

★ありがとうございました。
いかなる声があっても
この世界は美しいということ。
日々が大切だということ。
忘れないようにしようと思います。



********


大切なことは、忘れないこと。
一過性の熱情で終わらせないこと。


ご縁あって関東では今後
鎌倉の御成通りにあるセレクトショップ、
aji-coさんの温かいご協力を得まして
作品の一部を今後お店に
おいていただけることになりました。
また、あらたな展開も
さまざまな方のお知恵をお借りしながら
検討中です。
詳細は近日またご報告できると思います。

昼とみまごうほどの煌々とした光はなくても、
たおやかなろうそくの炎のひとつひとつが、
点と点が寄り集まって
闇に美しい連なりが浮かび上がりますように。

その光がふたたび被災地にともり、
絶えないことを願ってやみません。








満月の夜に。 




Team M





































チャリティー写真展 "Am I Losing You?" @ 熊本
[PR]
by office_bluemoon | 2011-04-17 18:34 | 写真展