office bluemoon

ZAGATから。【ちかごろ目にあまる、カクテルにまつわる10のトレンド】

f0205860_1253295.jpg





レストラン・レーティング(格付け)で有名な
アメリカのZAGATメルマガで見つけた記事。 

元記事 
(赤い"Next"で次の記事に、"Prev"で前の記事に)

以下、ダイジェストで。

1.多すぎる素材
10種類以上の素材を混ぜて作るカクテルは
そりゃあイケてるかもしれなけれど、泥みたいな味がするのが関の山。

2.一杯$15以上するカクテル
「隠れ家」系で、古典的なテクに頼っているバーに多い。
「オレンジピール(乾燥したオレンジの皮)の炎をグラスに入れる演出をしたからって、
18ドルもぼったくっていいわけじゃない」

3.珍奇なフレーバーのウォッカ
マシュマロ風味のウォッカなんて、誰が飲みたい?

4.分子レベルで調合したカクテル
液体窒素をカクテルに入れて、マッド・サイエンティストよろしく
冷たい煙がもくもく立つカクテルを呑むっていうのは
確かに今一番クールなのかもしれないけど。

5.奇をてらいすぎたグラス

6.ハーブや花の過剰演出
森の妖精じゃないんだから。

7.ベーコン入りカクテルはかんべん
これって朝ごはん?ベーコン好きだったら、サイドメニューでどうぞ。

8.レトロな自分に酔いすぎ
いちいち中折れ帽をかぶって呑めって?
バーテンダーも、お客も、禁酒法時代を懐かしむレトロ主義が過ぎると嫌味。

9.金属ストロー
たしかに、冷たさを保てるし、使い捨てじゃないのはエコかもしれないけれど、無粋。
まず、ちゃんとストローの中を毎回洗っているか、はなはだ疑問。

10.目利きなのもいいけれど
品定めとか、うんちくはもういい。楽しく飲まなきゃ!
[PR]
by office_bluemoon | 2012-10-18 12:09 | Zagatから。