office bluemoon

潜在意識

昨年末からの読了リストに
くっきりと現れていた、願望。
イタリア周辺の本が、ちかごろ多い。
認めます。
そう、行きたいのです。
イタリアに。

「イタリア語通訳狂想曲 シモネッタのアマルコルド」 田丸 公美子
「シモネッタの本能三昧」 田丸 公美子
「目から生ハムシモネッタの人間喜劇」 田丸 公美子

f0205860_10302281.jpg


(「目からウロコ」を、イタリア語では「目からハム(プロシュート)がとれる」と表現するのだそうです。
そもそもどうして、目にハムがくっついていたのでしょう。)

イタリア語通訳の第一人者。
『シモネッタ』、は、
大親友でもあるロシア語通訳故米原 万理さんが名付け親。
米原さんと並び、学生の頃から、エッセイの大ファンだった。

思うところあって、
10年ぶりにイタリア語を学びなおしている。
幸運にも、田丸先生が代講講師としていらっしゃることになり、
昼食をご一緒できる機会を得た。
事前にご近著をまとめ読み。
スピーディーで冴えた筆致いまなお。
単なる武勇伝に終始するのではなく、
主張がぶつかる場面で、いかにしてクライントさんを満足させ、
自分の身を守るのか、という、
知恵と機転が随所に散りばめられていた。

笑い絶えないお席になった。
聞こえていた以上に、パワー漲る方だった。
頭の回転と機知のはたらきたるや、
タービンが回る音が、聞こえそてきそうな勢いとキレ味。
場の雰囲気を瞬時に読み、ユーモアで人をそらさない魅力あふれていた。
高性能のエンジンと、キレのよいハンドルと、ちゃんと踏み込めばちゃんと応えてくれる
ブレーキを備えた美しいスーパーカー、とでもいおうか。


「ローマ人の物語 上」 塩野 七生
「男たちへ」 塩野 七生

田丸先生にお目にかかる前に、思い出して再読。
古代史の知識はとくに、大いに補っておくべし、と再確認。

「テルマエ・ロマエ I~ IV」 ヤマザキ・マリ 

『マンガは読まない』という数十年の縛りをほどいたと同時に、
このへんから、おおきなおおきな堤防のようなものが決壊した。

いつしか、「テルマエ・ロマエ」よりも、この作品を生んだ
著者のヤマザキ マリさんに強い興味を持つ。
17歳でイタリアに渡り、子供を生み、14歳年下のイタリア男性と結婚。
これまで30カ国以上の国に滞在、生活して、五ヶ国語が読めるのだという。
どこにいっても漫画を描き続けてきた。
型破りだけれど、ブレない生き方が痛快で、
そこから一気にエッセイ・マンガを読みふける。

「テルマエ戦記」 ヤマザキ・マリ
「リスボン日記」 ヤマザキ・マリ
「世界の果てでも漫画描き - キューバ編」 ヤマザキ・マリ
「モーレツ!イタリア家族」 ヤマザキ・マリ
「イタリア家族 風林火山」 ヤマザキ・マリ

「ねばならぬ」、と、「私はこうしたい」とのあいだで
葛藤しつつも、運命を切り拓いていく人の生き方から、
吸収すべきことはいっぱいある。

たまたま「テルマエ・ロマエ」という形で具現したのだけれど、
この人の真骨頂は、日本とイタリア、もしくはラテン諸国との
比較文化論、だと思った一冊は、これ。

f0205860_12173457.jpg



「望遠ニッポン見聞録」 ヤマザキ・マリ 


最後に、
幸福な出会い、と本を抱きしめたくなったのがこの作品。

f0205860_11152778.jpg


「ミラノの太陽、シチリアの月」 内田 洋子 

10の短編集。
イタリアで出会った
名もなき人々の人生のスナップショット。

紡がれた言葉も美しいのだが、
敢えてつまびらかにしない心の動き、抑制された深い感情の
ぬくもりに惹きつけられた。

鉄道駅舎に住むつつましやかな一家を描いた
「鉄道員オズワルド」では、電車の中で目頭を押さえた。
最終章の「シチリアの月と花嫁」では、本を閉じたあとも、
柑橘の香りとアコーディオンの音がまとわりついて離れなかった。




議会総選挙、法王交代、と、
ますます目が離せない。
なんとかして、行く。会いに行く。
ことし。もしくは、らいねん。
潜在意識、おねがい。
[PR]
by office_bluemoon | 2013-02-27 11:57 | こんなもの、読んだ(本・雑誌)