office bluemoon

talks over a glass of wine


f0205860_13434611.jpg



写真は、前掲の『世界を変えた書物』展で
夢中で撮った中から(*撮影自由)1枚。
レントゲンの『新種の輻射線について』。ドイツ語。
当時、この写真をみた人はどれだけびっくりしただろう。


鑑賞後、精養軒で時間調整。
昼食に、レトロなオムライス。
フリースペースで、持ち歩いている仕事を少し片づける。

ミュージアムショップでハガキを買い、
友人にしたため、投函。
美術館・博物館にはぼうっとできるスペースもたくさんあって、ありがたい。
ミケランジェロ展に入る時間はなくなってしまった。
ロダンが外にあったのを思い出して、駅に戻る道すがら、みる。
何十年ぶり。

上野から一路、会議へ。
会議終了後、先輩というか、ボスと、同僚と、青山で食事。
前期のふりかえりと、夏の報告。

この夏調べもので、黒澤映画をかなりみた、と話したら、
この先輩は黒澤作品はすべて見倒した、と。

気に入ったら全部みる、読む、という彼のスタイルは徹底していて、
『ファーブル昆虫記』、司馬遼太郎、山本周五郎、ゴルゴ13、
ビリー・ワイルダー作品、ボブ・ディランの曲, etc...については、
「手に入るものは全部みました/読みました/持ってます」といってのける。

このスタイルは真似する価値がある、と今日も思った(なかなかできない)。

ミモザ、で始まり、白、赤と進む。かろやかに時が過ぎた。




































































***

[PR]
# by office_bluemoon | 2018-09-21 13:59 | こころ、泡立つ(events)