office bluemoon

カテゴリ:こころ、泡立つ(events)( 206 )

gotta dance!


f0205860_22224343.jpg




舞台袖待ち、の図。

和太鼓ライブに3分だけ出演。
タップダンス、で。

緊張したけれど、途中で楽しくて仕方がなくて顔が緩みっぱなしで、
自分のミスステップも、打ち合わせと違う和太鼓のあれれ、も、
全部笑ってスルーしてのけたのが
最大の収穫。





























































***


[PR]
by office_bluemoon | 2018-03-23 22:24 | こころ、泡立つ(events)

microcosm


f0205860_07221603.jpg



昭和の初めに建てられた、木造三階建ての旅館を見学。
再訪。

各階を異なる棟梁に依頼し、
その腕とセンスを競わせたいう、酔狂。
当然ながら2つとして同じ客室がない。


木材の種類、板目のこだわり、採光の工夫、
面取りをしたねらいについて、建築家の友人が説明してくれた。

100年経っても目を愉しませ、心ほどくしごと、がいい。





































































***


[PR]
by office_bluemoon | 2018-03-12 07:25 | こころ、泡立つ(events)

an infinity onsen

f0205860_06480334.jpg



水平線と1つになった露天に、ドボン。
メタリックな色合いの海と、鈍い空とに挟まれた
小さな小さな湯だまりにぽつねん、と浮かぶ。

自分を満たす水分とかエネルギーとかが、地球と
シンクロしていく。



































***





















































[PR]
by office_bluemoon | 2018-03-12 07:21 | こころ、泡立つ(events)

謹賀新年

f0205860_11432769.jpg


夕食後、所用で都内に。
大晦日クルーズ。

芝浦、レインボーブリッジ、お台場、豊洲、勝どき、銀座、大手町。
所用を終え、義理のある墓所で手を合わせた瞬間、
遠いはずの海から汽笛が聞こえる。

外は1度。


寺社町ではそぞろ歩きの人々が、
提灯の赤い光に吸い込まれていく。

王子を通過中、車道をねり歩く狐の行列に出くわし、眠気が吹き飛ぶ。
狐の面、またはメイク、かつらをつけて裃姿で歩く人々の姿は、
さながら、百鬼夜行。

広重も『江戸百景』で描いた、狐火の言い伝えをなぞらえた
大晦日の祭りなのだそう。

神田明神、増上寺の脇もすり抜ける。いずれも大変な賑わい。
皆、よい笑顔。
今夜だけで、何人の笑顔をみただろう。


佳い年にしよう。





































































*****


[PR]
by office_bluemoon | 2018-01-01 11:38 | こころ、泡立つ(events)

the last working day of the year


f0205860_10233039.jpg

今年最後の納品を終えて、まだ明るいうちに西へエスケープ。
行きつけ湯にどぼん。
手桶を置く音がカラン、と木立に響く。

夕餉はカウンターでおでん。奈良の銘酒「風の森」と。

帰路、閉店間際のホテルラウンジで、コナコーヒーとチョコレートケーキ。
コーヒーカップで手を温める。静かな、漆黒の時間。


途中、倒れたりしたけれど、それを機に生き方を見直せた。
ステージを変えたこと。チャレンジしたこと。出会った人々。

なによりも、今年も好きな仕事を続けさせてもらえた。
感謝しかない。























































*****





[PR]
by office_bluemoon | 2017-12-28 10:22 | こころ、泡立つ(events)

building up a shrine gate


f0205860_10104269.jpg
奥秩父の限界集落へ。
鎮守の森の奥。
さびれた神社に、新しい鳥居を建てる。

大鋸(オガ)、手斧(チョウナ)、鉞(マサカリ)を背負った棟梁、大工たちと登山。
足手まといにならないよう、焚火ストーブの火の番。

コーン、コーン、と響く斫(ハツリ)の音を聴きながら、
ココアをかきまぜたり、本を読んだり。








































































































*****































































[PR]
by office_bluemoon | 2017-12-24 10:08 | こころ、泡立つ(events)

晩白柚

f0205860_02240322.jpg

冬至。
巨大な晩白柚(ばんぺいゆ)をいただく。
どのくらい大きいのかと言うと、この写真の右側に置いた普通のレモンと比べてみるとよくわかる。

あまりの大きさに感心して机の上に置いて眺めているうちに、
帽子をかぶせてみたくなった。帽子の座りが良くなったら今度は、顔をつけてあげたくなった。
ちぎった岩海苔で目を、マスキングテープで口を作ったら、表情ができた。

ばんぺいゆ、という音の響きが好きで、歌うように口ずさんだ。
同じ柑橘類のグレープフルーツのフランス語、
pamplemousse (パンペルムース)とどういうわけか、発音のリズムが似ている。
Vin paix je、とか、vin per aiguille、とか単語をてきとうに充てるとまるでフランス人だ。
シャッポをかぶって、ブルゾンを着込んだ小粋なヴァンくん、といった風情。
愛着がわいたらよもや、食べるなんてできなくなってきた。
























































***



[PR]
by office_bluemoon | 2017-12-22 18:31 | こころ、泡立つ(events)

a purple town

f0205860_21300477.jpg


大先輩のピンチヒッターで、

何年振りかの現場仕事。

都内屈指にイルミネーションが美しい、オフィスタウンに通勤。


まだ星の瞬く時間に家を出て、

始業2時間前にビルに到着。カフェで時間調整。

連日、アドレナリン全開。

比較的高層階の窓から見える景色を楽しむ余裕もまったくなし。


最終日に、ようやく先輩と引継ぎランチ。

注文したサンドイッチをふと見下ろしたときに、

飛び込んできた鮮やかな色たち。


そう、この紫キャベツの色。

この色に町中が包まれてキラキラしていたのを、

せめて覚えておこう。
































*****



[PR]
by office_bluemoon | 2017-11-27 21:29 | こころ、泡立つ(events)

Hot'n Spicy R's Party




f0205860_19591222.jpg


お祝いすべきだ!と、近所の友人12名(招待した人全員!)が自慢の料理を持ち寄って、
週末に集まってくれた。4か国連合軍。

Food codeは「カレー」。そして、「カレーに合うものを」。

ぴりり、と辛くたって、毎日食べたって飽きない。
国や人種、バックグラウンドを超えて
熱烈に愛される、カレー。
そういう人になりたいよね、という願いをこめて。

おそらく一生に一度、かと思う主催パーティ。
備忘録として料理スナップをここに残しておく。





f0205860_20035426.jpg





スバイスから調合。
唐辛子も、レモングラスも野菜も、手塩にかけた畑の恵み。
Kくん渾身のハタケ・タイグリーンカレー。





f0205860_20055460.jpg


Charlie と Hiromi のSouthern pepper curry と (velvety and rich) classic chicken curry。
Hiroko と K のナン。
Hirokoはあと、ダルカレーとピクルス、手製塩ラッキョ。
Norikatsuと Harumiさんからは、サラダ2種。Rのカレー・レモンキャベツマリネ、カボチャサラダ、サフランライス。
Alex と Rikako の saag chicken curry。Alexは桜の木を自分で削った箸も作って持ってきてくれた。
飲み物は、とにかく泡。赤、白、スパークリング、シャンパーニュ、日本酒泡、がずらり。



f0205860_20132706.jpg




Steveには絶対これ、とお願いした。
彼のシクネチャー的ひとさら。sticky date pudding。
この日のために、星のケーキ型を新調した、と。
今まででも美味しかったけれど、
この日のは最高。




Invitationに使った写真。
キッチンにあったスパイスと料理本を散らして、撮影した。

f0205860_20155542.jpg




照れて、ちゃんと目を見てお礼が言えなかったような気がする。
みんなみんなみんな、来てくれてほんとうにありがとう。
とくにSteve、アイデアとスペースを提供してくれて、ありがとう。
いつもみんないてくれて、ありがとう。
































































***

[PR]
by office_bluemoon | 2017-10-07 19:58 | こころ、泡立つ(events)

old but new

f0205860_06382965.jpg
灘にて。

ある意味、モダンデザイン。
「米」、that's all。といわんばかりに、いさぎよい。

近年、日本酒のラベルやロゴの英字併記が増えたのは何と言っても、
バイリンガルの酒伝道師たちによる尽力の賜物。


































































































































***

[PR]
by office_bluemoon | 2017-09-28 06:41 | こころ、泡立つ(events)