人気ブログランキング |

office bluemoon

カテゴリ:ぜんぶ月のしわざ( 61 )

謹賀新年(crescent moon and venus in the dawn sky)

f0205860_07224549.jpg

2019年1月2日、朝5時50分。


三日月と、金星。
東の空で大接近していた。

2018年、ありがとう。
2019年、よろしくね。











































***



by office_bluemoon | 2019-01-02 07:14 | ぜんぶ月のしわざ

open fire


f0205860_18445026.jpg
2日続けての雨。

タープの下、数十人が集まり、
かまどで暖を取り、飲み、食べ、笑いさざめく。

暗くなった頃を見計らって、「火の神」が、
うず高く積まれた雑木に、見事火を点ける。

2日間の雨で湿り切った薪も、
「神」にかかってはかなわない。

今年最後の、一番大きな焚火。
高く、高く。
タープより、桜の木よりも高く、炎が上がり、ときおり何かがはぜる。
火の粉が妖精のように舞う。


ホットウイスキーが回って来た。
口に含む前から
クローブとハチミツの香りが甘い。

酔ってますます饒舌になる人、
黙りこくって椅子で眠り込む人、
せわしなく火をいじる人。椅子に座ってただ火を眺める人。

竹林の向こうから顔を出した、今年最後の満月。
その光が、優しく、静かに、あまねく降り注ぐ。








































***


by office_bluemoon | 2018-12-30 18:46 | ぜんぶ月のしわざ

they say this is the final blue moon in 2018. - 2

f0205860_19454362.jpg
ダムの脇をすり抜けたころに、
追いついてきた夜。






















































































































***

by office_bluemoon | 2018-04-01 19:48 | ぜんぶ月のしわざ

they say this is the final blue moon in 2018.


f0205860_13144998.jpg
桜づたいに、西へ。
鳥居掛け替えの件で、いつもの集落に。
標高800mまでのぼると、桜のつぼみ、まだまだかたく。

囲炉裏端の酒宴を早めに辞し、まだ少し明るいうちに山を下りる。日が長くなった。

ハイビームに照らされた林の向こうから
そろりそろりと満月が。






























































































































***

by office_bluemoon | 2018-04-01 13:16 | ぜんぶ月のしわざ

水無月


f0205860_7554928.jpg



f0205860_756717.jpg





満月と、火星。
それをよぎる、夜間飛行の旅客機。

田植えを終えたばかりの水田に映る月。

降るほどの蛍。




















































































*****
by office_bluemoon | 2016-06-19 07:58 | ぜんぶ月のしわざ

Fiori di Ciliegio e la Luna Piena

f0205860_7512390.jpg



ジャズピアノコンサートの帰り。
満月。

まだ耳に残るシンコペーション。
命燃やす、花をくぐりながら。










































































































*****
by office_bluemoon | 2016-03-26 07:54 | ぜんぶ月のしわざ

薄暮


f0205860_937541.jpg




350ページの新刊上巻と、
読みかけのペーパーバックを選んでトートバッグに。
本を読むために、ひとり電車とバスを乗り継ぎ
なだらかな勾配の山道をのぼる。

上巻を読み終えてほうっと息をつく。
響く晩鐘。
見上げた春霞の夕闇。
by office_bluemoon | 2015-03-24 09:39 | ぜんぶ月のしわざ

太陰暦のひと

f0205860_844137.jpg





『年の瀬』から『お正月』にかけての時期が苦手だ。
できるものなら自分だけ普段どおりにしていたいのだけれど
これだけはどうにもならないので、なかば観念して
華やぐ季節をやり過ごしている。

ひとつだけ、ひそやかに続けていることがある。
その年最後の満月を見たときに、心に浮かんだ気持ちを覚えていることにしている。

それが渇望であれ、苦々しい気持ちであれ、満たされた感謝であれ、
満月のある風景と共に心に焼き付ける。

というわけで、今月の、のぼりしなの満月。
来年の今頃の満月のときに
私はいったい、どのように暮らし、何に熱中し、何を想っているだろう。




































*****
by office_bluemoon | 2014-12-29 08:08 | ぜんぶ月のしわざ

bloody moon

f0205860_834235.jpg




(Supposed to be) bloody moon と、火星と、アップルタイザーと。

肌がひりひりするほどの、月明かり。
「ほら、grapefruit moonだよ!」と
満月にいつもたよりをくれた友を偲びながら。












































































































*****
by office_bluemoon | 2014-04-16 08:04 | ぜんぶ月のしわざ

a crescenet boat

f0205860_74238.jpg





f0205860_743745.jpg




どこに流れてゆくのか。

水平線ギリギリのところでしばしたゆたっていた、
大きくて真っ赤な三日月の舟。

















































































































***
by office_bluemoon | 2013-02-14 07:08 | ぜんぶ月のしわざ