人気ブログランキング |

office bluemoon

<   2018年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

beach friends

f0205860_06331029.jpg



月曜日で海の家おさめをした、と思っていたら、
海友だちから、昼の海のお誘いが。

「海の家でカツ丼とか、かき氷食べようよ!」

海の家で待ち合わせができるのも、今週金曜日まで。
また来年。









































































































***

by office_bluemoon | 2018-08-30 06:31 | こころ、泡立つ(events)

共訳書(ムック)が出ます。「科学の迷信」


f0205860_06284093.jpg



翻訳を担当したムックが出ます。
『科学の迷信 世界をまどわせた思い込みの真相 (ナショナル ジオグラフィック 別冊)』
(原題:100 Hoaxes and Mistakes That Fooled Science)

第5章『地球の迷信』を担当いたしました。
迷信・ひみつ・おまじない・陰謀説。
ふむふむ。

Amazonでは8月31日に発売、とのこと。
店頭で見かけられましたらどうぞ、ご笑覧いただけたら嬉しいです。
















































***
by office_bluemoon | 2018-08-30 06:27 | 訳書

ending summer sunset


f0205860_06230317.jpg



海の家も今週いっぱい。
ホームビーチにとなり町の友人と。サンセット狙いで。

夜風が運ぶ、夏の記憶。
月が照らす、いま、ここ。そして未来。





















































***

by office_bluemoon | 2018-08-27 20:22 | こころ、泡立つ(events)

veggie life


f0205860_07034654.jpg
今回の集いの目的。
それは、芦川集落で
お料理上手のMさんの野菜料理をいただくこと。

2年前にできたご縁を、友人たちがたいせつに繋いでくれていた。
芦川に珈琲店を開き、週の半分はここで過ごし、
地域に溶け込もうとしていらっしゃる珈琲店のあるじSさん、
そしてMさんと歓談。
ぜんぶ笑い話にしてしまっているけれど、
笑えないこともたくさんあるとおもう。

そんなことをおくびにもださず、
歓迎してくださるおふたりの
もてなしがかろやかで、あたたかい。

田舎料理、と謙遜なさるが、とんでもない。
まず、野菜に迫力がある。
手を加えすぎることなく、素材の美味しさを引き出すMさんの腕は
さりげなくすごい。
食後はSさんが豆から挽いたコーヒー。
ジャズのCDをとめ、川のせせらぎ、虫の声をききながら
秋の計画に話が弾む。

道の駅でも売っている、という手作りの醤油麹や野菜を買い、
余った料理は山ほど持たせていただく。
健康上の理由でいま、食べられるものが限られているので、
ほんとうにありがたい。

帰路は河口湖回りで。
夏の夜の富士山に、光の筋が。
登山者のかざす灯りが、あまりにも多いのだろう。
それが連なって幾つもの筋になっている。
霊峰にいどむ、人間の存在はあまりにも小さい。

満月。河口湖に覆いかぶさるような富士。いのちの光。
遠くで花火が次々に上がる数分間。
こんな奇跡のひとときに、湖畔にひとけがないのが信じられなかった。








































































































***

by office_bluemoon | 2018-08-27 07:22 | しみじみのごちそう

a short trip


f0205860_06362843.jpg
日帰りで山梨に。ようやく、の1日オフ。
ほとんど写真を撮らなかったので、備忘録。

4時起き。相模原、高尾と友人たちを拾い、一路山梨に。

●増冨温泉。日本有数のラジウム泉で、源泉が35度とか。
毎年、夏に必ず訪れる。

湯舟に入るときは「冷たい!」と思わず声が出るが、
慣れてそのうちぽかぽかしてくる。
そのぽかぽかが持続するのがラジウムの底力。
地球のエキスをいただいているかんじ。

夏に入ると実に心地良い。冬は温まれないので、ちょっとつらい。
日本中から、健康を願う人々が不便なこの山間の温泉地を訪れる。

●白州。目指したそば屋が満員で入れず、
以前訪れたことのある森の中のそば屋、翁に。
つゆとおろし、蕎麦の実などをジュレにし、
蕎麦の上で崩していただく。

ただいま、といいたくなる白州。今回は酒造の七賢にだけ立ち寄る。

海外市場を視野に入れた七賢の躍進。
試飲やセミナーで社長のプレゼンなどをきいていて、
どう変わったのかが心配だったけれど、
これならば、とひと安心。

ウイスキー樽で仕込み、瓶内二次発酵したスパークリングは
さすが、唸った。
酒のカテゴリの垣根を取り払い、
サントリー白州工場とのコラボレーションを果たす。
日本酒の未来がここに。

●その後、高速で西の身延へ。
和紙の里。友人たちは紙漉き体験。

ご縁のできた芦川集落に夕刻到着。(続く)































***

by office_bluemoon | 2018-08-27 06:59 | こころ、泡立つ(events)

everybody dancing


f0205860_07253174.jpg

無事に初日を迎えた盆踊り。
台風の足取りがみえず、その日の昼まで開催が危ぶまれていた。

読経のあと、炭坑節ではじまる。
おりしも満月。
あぁ、こういう月夜にみんなで歌って踊った曲なのだな。

みんな、おどる。くるくる、まわる。わらう。
ことしもみる、あの顔、この顔。

これがなければ、わたしの夏は終わらない。
世界一の盆踊り大会。










































































***

by office_bluemoon | 2018-08-24 07:25 | こころ、泡立つ(events)

dim lights


f0205860_06182838.jpg

隅々までみえないからこそ、
質感を増す世界がある。

今年の長谷寺では、
ハスの花を模した照明で足元を照らしていた。

大仏を見上げる。
風がここちよい。





















































































***

by office_bluemoon | 2018-08-20 06:22 | こころ、泡立つ(events)

Long Train Home

f0205860_06081028.jpg
パット・メセニーの Long Train Home。
疾走感があって、懐かしくて、なぜだか鼻の奥がツン、とする。
この曲をただただつなげて1時間にしたバージョンを発見。

作業中に、ずっと聴いていた。
暑かったなぁ、今年の夏。





















































































***
by office_bluemoon | 2018-08-01 06:07 | 私的juke box(tunes)